アユタヤー遺跡萌え~(タイ)

ゆるゆるバンコク観光3日目。
4度目のタイにして、ようやくアユタヤへ行きました。
長時間歩けない妹(夏でも真っ白な超貧血症もしくはただの体力不足)のためにツアーに参加しました。
決して私が面倒臭かったワケではありません。
ツアー会社はカオサン近くのお馴染み、あきおさん経営のとこです。
アユタヤ王朝時代の仏教遺跡群。
「Wat Phu Khao Thong ワットプーカオトン」
P7151522.jpg
数少ないタイ様式らしいです。
かなりデカい。
P7151528.jpg
後ろにまわると、ノラ牛がいた。
P7151529.jpg
こっちの牛って、みんな首の下に「びろびろ」があるよね。
P7151530.jpg
ここの遺跡周辺はとにかく、鶏や犬や牛やらいろんな動物がウロついている。
猫さんもいた。
P7151536.jpg
寄ってきた。
P7151537.jpg
むにゃーん。
P7151538.jpg
だらり~。
P7151539.jpg
気がついたら遺跡の写真より猫の写真の方が多かった。
「Wat Lokkaya Sutha ワットロカヤスター」
P7151544.jpg
あれ・・・?何かさっきの猫の写真と似てるよ・・・?
全長28mの寝仏。
後ろから。黄色いのがそう。
P7151550.jpg
仏像の後ろによく分からん人形があった。お供え物?
P7151549.jpg
「Wat Phra Mahathat ワットプラマハタート」
P7151557.jpg
ここは14世紀を代表する仏教遺跡らしいです。
同じ仏教遺跡ということもあって、カンボジアのアンコールワットと似てるけど、こっちの方がかなり朽ち果ててる。でもそれがまた、時代を感じれて、逆にいい。
P7151561.jpg
P7151562.jpg
P7151565.jpg
P7151567.jpg
P7151571.jpg
そしてここには、あの有名な コレ があります!
P7151576.jpg
P7151573.jpg
ミャンマー(ビルマ)軍の侵略によって切り落とされた仏像の頭が、時の流れによって木に覆われたという・・・
う~ん、歴史を感じる。こういうのすごい好き。
「Wat Phra Si Samphet ワットプラシーサンペット」
P7151579.jpg
おぉ~。コレもまたいい!
アユタヤ王朝の3人の王の遺骨が納められるらしい。
P7151581.jpg
P7151583.jpg
P7151584.jpg
P7151587.jpg
P7151590.jpg
P7151593.jpg
ここで象にも乗った。
↓ 象の上で待機中の象使い
P7151595.jpg
象の上から
P7151599.jpg
途中に見える遺跡
P7151606.jpg
初めは全然ノリ気じゃなかったものの、乗ると意外に楽しかった。
向かいに乗ってた象使いが撮ってくれた写真。(もちろんチップを要求された)
P7151603.jpg
フォトサービスも頼んでおいたけど、一瞬で撮った割にはかなりいい出来だった。
帰りにカオサンで次の日のツアー(水上マーケット)を予約。
カオサン周辺は猫が多い。
P7151610.jpg
P7151618.jpg
ツアー会社にも妊娠中の猫さんがいる。
何やかんや話しながら、猫さんの乳首をつまむあきお氏。
あきお氏 「普段さわれんから、こいつのでもさわろう」
うち・妹 「・・・(無言)」
あきお氏 「え?俺何か変なこと言った?これってセクハラ?」
うち 「いや・・・猫に対してはセクハラだと思います」
アユタヤも、象乗りも、期待してなかった分w;楽しめたかな( ̄ー ̄;)
アユタヤー遺跡1日観光ツアー
1人450B
含まれるもの:ホテルピックアップ、車代、昼食、遺跡入場料、英語ガイド
昼食はビッフェ形式で意外に美味しかった。
その他使ったお金
象乗り:1人400B(約15分、かなり高い。もっと安いのもある)
象との写真:1枚300B(かなり高い。)
↓ クリックであきお氏のセクハラを訴えよう!

   
カテゴリー

この記事を書いた人:

カテゴリ