カックー遺跡に行こう(ミャンマー・インレー)

インレーに来ました。
「ようこそっ!!」
1_201309281952304f2.jpg
誰だよ・・・。
出た。
2_20130928195247cfe.jpg
ミャンマーお得意の電子時計・・・。
一気に、情緒っつーか、風情が無くなるんだよね~;
せめて時間がズレてて欲しい。
いかんいかん、また毒づいてしまった。
宿の前にはインレー湖からの川が流れる。
3_201309281953068e3.jpg
左の赤い屋根のが泊まってた宿。
シャンヌードル。
P8262706.jpg
ミャンマーで私が唯一心を許せる食べ物。
シャン州のヌードルだけど、結構どこでも食べられる。
写真は辛そうだけど辛くはない。基本的に自分でチリを入れて調整する。
モヒンガーやモンティの方が庶民的でどこにでもあるけど、かなりクセがある所も多い。
シャンヌードルも地域や店によって、全然味が違うけど、まぁ食べられる程度のものは来る。運が良ければ美味しかったりする。
到着翌日に、カローで会った日本人3人に再会する。
内1人は、マンダレーでも会った。(つまり3回目の再会!)
その日は3人とも予定があったものの、私の誘いに乗ってくれて、みんなでカックー遺跡に行った。
とあるガイドブックに「時間をつくってでも行きたい」と書いていたのが気になったので。
初めて会う人1名をプラスし、計5人で車を1台チャーターする。(1人1万K。)
走ること2時間。
行く手を遮る水牛達。
P8272709.jpg
それを突破すると後は何もない道が延々と続く。
P8272713.jpg
到着。
P8272714.jpg
ほほー。
あ、パオ族のおねいさん!(他の人のガイドしてた)
P8272715.jpg
カックー遺跡は、昔何かエラい人が「各家庭一塔ずつ仏塔を寄進しなさい」つー命令を出して、その結果約2548塔の仏塔が出来たとさ。
立派な仏塔ほど、お金持ちの家庭らしい。
貧乏な家にとっては迷惑な話だよね・・・(;´Д`)
なんつーか、結構びっしりしてて、全然うまく写真が撮れんかった。
P8272716.jpg
P8272717.jpg
P8272718.jpg
P8272719.jpg
P8272720.jpg
P8272758.jpg
こらこら、そこの学生ロンジー、くつろぎすぎっ(;´∀`)
P8272721.jpg
それにしても、この中途半端な修復、何とかならんのやろか・・・;
P8272728.jpg
修復前
P8272724.jpg
修復後(顔だけ金色に塗られている)
P8272725.jpg
これで完成なのか、途中なのかよー分からん。
むしろ下手に色塗りとかさん方がいいのに・・・。
バガン遺跡群が世界遺産に登録出来なかったのも、ゴルフ場をつくったことと、
中途半端に修復した、というのが理由らしい。
「だいたいこんな感じじゃね?」って修復するミャンマー人って;
あれ、てっきり世界遺産だと思ってたよー。
帰りにミャンマーサッカーやってる現地人がいた。
P8272762.jpg
セパタクローっていう球技らしい。
ビルマ語では「チンロン」。
これはバレーとサッカーの中間みたいなスポーツで、使えるのは頭と足だけ。3回目で相手のコートに返す。
ミャンマー全土どこに行っても、ロンジーを捲り上げた男性達がキャッキャッ言いながら楽しんでいる。
ボールは竹みたいなので出来てて、中は空洞。意外と硬くはないらしい。
それを見て闘志を燃やすサッカー少年・Y君。
急遽、車を止めパンツ1枚でいざ参戦!!(/ω\)イヤン
P8272765.jpg
いっけぇ~っっ!!!
P8272766.jpg
初めてなのに、なかなかウマいY君にみんな感心。
Tシャツも脱ぐ。
P8272767.jpg
画だけで見ると裸みたい・・・。
いやいや、面白かった!!
カックーが若干期待外れだった分、巻き返してくれたよw
 ↓ クリックで応援よろしくお願いします(*´ω`*)


海外旅行


イモトのWiFi


bali

カテゴリー

この記事を書いた人:

カテゴリ