ぐい呑を作ろう!

以前、三野町のカフェカンパーニュに行った時に、宗吉かわらの里展示館でイベントをしてまして。
地元の陶芸家さんが作品を売っていたのですが、一目惚れして買った器がこちら。
PA266418.jpg
猫好きにはたまらん!!!(;゚∀゚)=3
もちろん普通の食器より値段はするけど迷った末、やっぱり2つ買ってしまった;
あと、飴色(茶色っぽいの)のもありました。
冷奴を乗せてみたw
PA276426.jpg
食器がいいと食べ物も美味しそうに見えますね~。
これは深めですが、平皿タイプもありました。
女性の陶芸家さんなんですが、猫好きとのことで、他にも猫モチーフ花器や爪楊枝入れなんかもありました。
猫モチーフ以外にも、レース模様や毛糸を編んだようなデザインとか、可愛くてかと言って可愛すぎない、オシャレなデザイン。陶製のブローチも可愛かった。
そしてこのイベントの時に、今度陶芸教室をやると聞いていたので、友達と行くことに。
陶芸は過去数回やったことあるのですが、かなり昔。
昔作ったものは結構使ってたものの、実家に帰ってから割られる心配をしてずっとしまってたのですが、ちょっと出してみました。
昔つくった作品 ↓
お茶碗より大きめの器。
お茶漬けやシリアル食べる時に使ってました。
PB236585.jpg
中くらいのお皿。
ちょっと深めなので万能。サラダやパスタや何でも重宝してた。
PB236583.jpg
カップ&ソーサー。
と言ってもこのカップは紅茶とか用ではなく、梅酒用笑。
PB236589.jpg
何だかんだでこれが一番重宝してる。
冷やでもロックでも丁度いいサイズ。冬はたまにあっためて。
実家に帰ってから今もガンガン使ってます。
ソーサーはおつまみ置き用だけど、1人だとやっぱ使わないな~(;´∀`)
そして今回の陶芸教室で作るものは「ぐい呑(のみ)」です。
お酒飲まない人に簡単に説明すると、おちょこよりも少し大きいカップ。
他に何か違いがあるのかもしれませんが、私は知りません。
成形する前の土 ↓
PB226544.jpg
完成!!(早っw)
PB226546.jpg
いや、製作過程撮るほどマメな人間じゃないのですいません;
2コで2時間くらい。
1コ作ると¥1500、2コで¥2000ですが、みんな2コ作ってました。
楽しかった~♪
ぐい呑の下の部分(「高台」と言います)は、レースをそのまま押し付けてレース模様に。
PB226547.jpg
もちろん先生のアイデアであって、私のアイデアではありません(^_^;)
PB226548.jpg
皆さんの作品 ↓
PB226549.jpg
同じものを作っても色んな形があって面白いですねー。
そして次の日。
本当は予定があって行けないはずだったのですが、急遽キャンセルになってGo!
同じ陶芸家さんの「猫皿の絵付け」ですヽ(=´▽`=)ノ
ケーキ皿にしたかったので、大きいお皿にしました。
PB236551.jpg
PB236552.jpg
猫の顔を書いてる人が多かったのですが、私はケーキを乗せた時でも可愛く見えるようにと、リボンと水玉柄にしました。
むしろ形がすでにかわいいから、何も描かなくてもアリな感じです!
私は30分くらいで終わりましたが、3時間かけて超リアルな愛猫の絵を仕上げた人もいたそうです。
私が終わる頃に来た子供達は猫の中に猫を書いていました。
出来上がりが見たい…。
ぐい呑も猫皿もクリスマス前に焼きあがるみたいなので楽しみ!
「kazahana+」という作家さんです♪
http://kplus.exblog.jp/
香川の猫雑貨屋「ヤマネコ手芸店」に作品を置いているとのこと。ネット販売もしてるみたいです。
次回もぅ1回ぐい呑で、次が小鉢とのこと。
仕事が休みだったら小鉢の時また行こうっと。

カテゴリー日本での日常