近況報告と今回の旅の感想。

ナミビア編の途中ですが、近況報告を。まぁ報告するようなことも無いのですが。
長期旅行者帰国後あるある。

「100均でテンション上がっていらない物を買ってしまう」

PA135844.jpg

・・・。

 
そして飼い猫との久々の対面。我が家の3猫のご紹介~。
先住猫のはなちゃん!

PA145851.jpg

久々のお天気でゴロゴロするはなちゃん。

PA235921.jpg

 
相変わらず貫禄のあるでぶっぷりのももちゃん。
(私のことを忘れたのか帰って丸1日姿を表さずw;)

PA155873.jpg

貫禄はあるのに猫一倍人見知り。特に男性が来た時には一切姿を現さない。あ、え?ひょっとしてうち男と間違われたのか!?;
牽制し合うはなちゃんとももちゃん。

PA145857.jpg

体はももちゃんの方が大きいのに、先住猫のはなちゃんには絶対勝てない。
今年10歳のはなちゃんは人間年齢では56歳らしいのだけど、まだまだ衰えず。

 
クロちゃん。

PA235929a.jpg

一番人懐っこくて誰の膝にでも乗る。かわいいのに黒猫って写真撮る時ピント合わせづらくていっつもピンボケ;初めは某少女漫画にちなんで「ルナ」という名前にしようかと思っていたのだけど、おばあちゃんが「覚えづらい」とのことで誰でも一瞬で覚えられる無難な名前にw

  
そして今後の予定はというと、、、

未定です(;´∀`)

何かね、これだけ海外行ってたら「何かコイツでっかいことするんじゃないか!?」みたいに思われてるようなんですが、私としては特にデカいことするつもりもありません笑。

いや、昔は何か野望を抱いていた時期もあったんですが、もう今は逆に「普通の生活がしたい」と思うようになりまして;インスタとかでね、子供の運動会でお父さんが転ぶ写真なんか見ると「あぁ~いいなぁ~」としみじみ思うんですよw

旅を仕事にできないの?ってよく言われますけど、実際やっている人もいるんだけど、まぁ私は旅は趣味だから楽しいわけであって・・・旅をがっつり仕事にはしたくないんですよね。
でも折角なので、本は一冊書き上げたいなと。お金が無いから自費出版は無理だけど、世間に出さなくても自分の中でこの経験をブログ以外に何か1つ残しておきたいので。

そんなわけで当面のお金を稼ぐために時給のいい短期バイトをして、ある程度資金が貯まったら就職活動する予定。仕事に関しても、人と接する仕事も好きだし、内にこもって黙々やる仕事も好きなので、何しよっかなぁ~という感じ。まぁ資格も無いし選べる年齢でもないんだけど;なので、旅は当分お休みです(*´ω`*)

なので現在はバイトを探して猫さわっている時以外はね、食べてるだけです。
もぅ帰国後の食欲がヤバい。
帰国後一番初めに食べたものはこれ↓

PA125840.jpg

関空のコンビニで買った梅しそおにぎりと納豆巻きw
もぅチョイスがおばあちゃん。

 
香川に帰ってからはやっぱりうどん。「根っこ」

PA155869.jpg

ここのが一番好き!というわけでもないけれど、近いから。素朴な味で、昔ながらのうどんって感じ。当然うどん屋はこの後いろいろ行っているけど、地元民なので写真も無いです;

 
「はまきた珈琲」

PA135843.jpg

次は和食~と思いきや、ドリア。何か濃いもの食べたくてwまぁ回転寿司も行ったけど。
しかしここに行ったの帰国日翌日の11時。時差ボケとかあるかな~?とか全く考えずに誘ってくれた私の友達が色んな意味で素晴らしい笑。

 
「京風懐石割烹 菜を里」

PA145868.jpg

ここはもちろん自腹ではない(゚∀゚)

PA145862.jpg

いや~和食はやっぱりこの見た目の綺麗さが凄いなぁ・・・。
初めて来たけど、味はもぅ文句無しに美味しい。この後も次々に出てきて「お腹いっぱいや~」と言いながらも結局全部きれいに平らげた♪値段知らんけどw

 
「丸亀市猪熊弦一郎美術館 カフェレストMIMOCA(ミモカ)」

PA195878.jpg

いや、注文した後に気付いたんやけど数日前にはまきた珈琲でドリア食べとるやん!!( ̄ー ̄;) ←もちろんメニューは他にもあったのになぜか注文してしまった私。
まぁ美味しいからいいんだけど。ほんと、使ってる野菜が美味しい♪

久々に会う高校の同級生。2人の内1人は約17年ぶり!?ウケるw
しかも火災報知器をゴキブリの鳴き声と間違えるって・・・面白すぎる。

 
「ソウルフードカフェ カモメ」

PA255934.jpg

高松の友達と会うために、食べログで何となく選んだお店だったけど、かなり好みな店だった。内装が純喫茶のようなレトロな雰囲気もありつつ、オシャレでかわいい。

PA255936.jpg

料理も種類が多くてすごく迷ったものの、ハンバーグをチョイス!美味しい。というか、もぅアフリカから帰って来たら日本の食べ物なんて美味しいものしか無い。

その友達がくれた香川独特のお菓子達。

PA255941.jpg

他のは美味しかったけどいりこクッキーはなかなかの手強さだった(;´∀`)

 
「cafe ボナノッテ」

PA195879.jpg

オープン当初より何度も足を運んでいるここの珈琲が香川のカフェの中で一番好き。といってもコーヒーは好みの問題だから人によるだろうけど。ただ、ケーキが相変わらずガトーショコラとチーズケーキだけ、、、どちらか一つでいいから月替わりにしてくれたらもっと行くのになぁ;

(ボナノッテへの行き方・過去記事)

 
「瀬し香(せしか)」

PA255940.jpg

ドイツ帰りの友達と王将の後の夜カフェ笑。
ここは「善通寺」とか「琴平」とか、香川の町の名前がドリンクの名前になっていて面白い。ただコーヒーはバリスタをやってる友達が豆を見た段階で・・・と言うので紅茶にした;紅茶はポットサービスにしてほしいな~。

 
「すまいるカフェ」

PA285943.jpg

ここはブログ読者様と!
海外ではよく「ブログ読んでます」というバックパッカーに会うのだけど、バックパッカーではなく、こうして普通に日本で読んでくれている人と会うのは今回が初めて!大体私は「ブログとイメージが違う」と言われる方なので少し緊張していたのだけど、話しやすい方で楽しかった。
うーん、会ってみるものだなぁー(*´∀`*) また、読んでくれている人がいるというのをリアルに実感できてすごく嬉しい♪

 
「風車の丘」

PA295944.jpg

海外出る前はしょっちゅう行ってたけど、かなり久々に。瀬戸内海が見渡せるテラスのあるカフェで、平日の昼はサラリーマンもいたりする。
写真は「アボカドとエビカツのパニーニ」。エビがぷりぷりでいい。

PA295946.jpg

キャラメルミルクティーもポットサービスなのが嬉しい♪
ここに一緒に来たのは小学生の時近所に住んでいた同級生。
なんだけど、私は小学3年生の時に引っ越し、それ以来お互い会った記憶が無いので、実に、、、

25年ぶり!!!

もぅ連絡先もお互い知らなかったのだけど、偶然彼女がブログきっかけか何かでFBで私にコンタクトを取ってくれて再会することが出来た。25年なんて話のネタは尽きることが無いのだけど、久々に会ってこの会話・・・?というのも。

しまむらの服がデザインも結構オシャレになってきている、という話をしていて。

私「あー、でもしまむら行ったら何か布団コーナーに行ってしまう。」

Kちゃん「えっ何で!?」

私「特に布団買うわけでもないんやけど、毛布とか触って触り心地いいな~ってチェックするんが楽しくて。クッションの手触りいいやつとか。」

Kちゃん「あーそれ分かる!・・・って言いたいけど、ごめん、分からんわ!」

私「う~ん、そっかー」

Kちゃん「でもそれに似た感じやと、私は電気屋行って冷蔵庫開けるんが好き」

私「えっ買わんのに?何で?」

Kちゃん「冷蔵庫開けて、中に入ってるのが野菜とかのレプリカ(食品サンプル)やったら嬉しいんやけど、写真とかパネルやったらガッカリする」

私「え・・・全然分からんわ・・・」

Kちゃん「でも第三者から見たら多分同じ感じやと思うよ」

私「うーん、そっかぁ~」

ゆるいな・・・。
わざわざ台風の日の日曜日にカフェで話すことではないw

 
昨日は毎度お世話して頂いている友達家族と一緒に、世界で一番好きなクレープ屋さん「ジラフ(高瀬店)」と、帰国後毎回行っている三豊の居酒屋「呆呑(あきどん)」に行ったのですが、がっつきすぎて写真を1枚も撮っていない。まぁ、、、何度も行ってる分「今更」感があるしなぁ;

そんな感じで、海外で仲良くなった関西圏の友達も行ったり来てくれたりで久々に会えた人も多く、あー嬉しいなーと思うここ最近。結構ブログの影響もあったりするので、書いてて良かったなぁともしみじみ思うのです。

更に小学生時代の先生ともウン十年ぶりの再会。
小学5年・6年と受け持ってくれた先生なのだけど、当時はそりゃもう怖くて笑 (まぁ今も怖いのだけど) ただ本当、その先生に出会わなければ今の私はないと思うほどの恩師でして(怖いけど)。私から連絡を絶ってしまいだいぶ期間が空いてしまったので、電話をかけるのに物凄く勇気がいったのだけど(怖いから) 会うことができて本当に良かった。と同時に先生はもう定年退職されていたので、もっと早く連絡して、お疲れ様でしたとお祝いしたかったなぁとも。

私は小学3年の時に友達と先生、同時に裏切られるようなことがあったり、転校先の学校では無視されたり、それだけならまだしもいじめられるのが嫌で逆にいじめに加わったり、正直自分の意思も言えない結構なクズで、そのくせ親も友達も先生も信用してなくて何度も家出したりして、ヤンキー側ではなくただ暗い。家でもあまり話さない。まぁ今の私を知る人にとっては嘘やろ?というような人間だったのだけど、それに終止符を売ってくれたのがこの先生。

やってはいけないことを「それはダメだ」という大人は多かったけれど、それがなぜダメなのかということを、「自分達で考えさせてくれた」大人は先生だけだった。「こうだからダメだ」と教えられるのではなく、なぜダメなのか、どこを直せばいいのか、自分で考えないといけないのは大人になった今でもすごく難しい。けれど、先生は当時から私達を子供扱いせず、結論が出るまで辛抱強く待っていてくれた。

何が悪いのか、今後どうすればいいのか、それを自分の口で直接先生に伝えるということはそれまで経験したことのないことで、毎回ものすごく緊張するのだけど今思えばそれがあったからこそ、ちゃんと怖がらずに自分の意見を言える人間になったのだと思う。

ノートを罫線の無い白紙のノートで書かせたり、体力づくりと健康のために裸足で校舎の周りを走らせたり、突飛なことをしていたせいか私達にも分かるくらい周りの先生とはうまくいってない雰囲気だけど、方針は変えず大人との関係よりもまず私達のことを第一に考えていてくれた。私はその白紙のノートに自分が好きなようにまとめられるのが楽しかったので、多分それが今のこのブログに繋がっているとも思うし、校舎の周りを走ることが日常になったせいか、それまで朝礼で一番に貧血で座っていたのが6年になる頃には最後まで立っていられるようになった。

先生は間違いなく私の人生においての一番のキーパーソンで、感謝してもしきれない。今回海外から帰ったら絶対会おう!と思っていた。

え~っと、、、
何やったかな、、、。
そうそう、今回の旅の感想を書こうと思ってたんだけど(;´∀`)
でもまぁそういうことかな。

今回の旅でも出会いって沢山あって、改めて「出会う」ことの大切さを実感したというか。まぁ今までの旅、トータルして言えることなんだけど、ケンカ別れした人も含めて全て大切な出会いだったと思う。今思えばケンカ別れした人とも、もっと歩み寄れば良かったかなーとも。ちょっと面倒臭い人とか、気が合わない人とか、価値観が違う人とか、今となってはそういう人もいると知れたのが経験の1つ。35歳になった今でも「あぁ、そういう考えもあるんだ!」と知れることは結構面白い。

大人になるほど「出会い」よりも「別れ」が多くなって、その別れが辛いほど「新しい出会い」にも億劫になってしまう。別れが多くなる分、今まで出会った人を大切にしたいと思うし、別れの辛さが癒えたら、それを糧に新しい出会いにも積極的になろう、、、とまぁ自分に言い聞かせるw

あとやっぱりアフリカはちょっと今まで行った国とはずば抜けて違うかったというか。南部はそうでもなかったけど、辺鄙な場所では水が無かったり、あってもろ過されていない雨水、電気が使えるのは夜だけとか、いろいろ不便だったので、本当に身を持って水や電気の大切さが分かったかな。

日本の水道局・電力会社・ガス会社で働く皆様、お疲れ様です。素敵な仕事をありがとうございます!と心から思えます・・・。本当、日本出るまで水道局の人がカッコイイなんて思ったこと無かったけど、今なら8割増しでカッコ良く見える!(;゚∀゚)=3

もう一つお礼を言いたいのは日本の自動車メーカー。
親日国が多い1つの要因は日本車人気もあると思う。アフリカのテレビが無いような場所でも、日本から来たと言うと日本車メーカーの名前を数社挙げ「日本はいいね!」という人も多い。高いけれど「壊れにくい」というので人気らしい。
もし日本車がこれだけ海外で高い評価を受けていなければもっと旅もしにくかったかも、と思う。

特にアフリカで思ったのは「人種差別」。
アフリカの黒人さんしかいない国に長くいて、外国人=金持ってるという価値観の人ばかりで、まぁ一発ヤりたいだけ、又は金銭目的ですぐ「I love you」と言ってくる男性が多く。当然「No」と言うと「俺が黒人だからか?」と聞いてくる人も非常に多かった。

奴隷制度やアパルトヘイトは終わり、平和な雰囲気はあっても彼らの中にまだそういう「しこり」があるのは確かなのだと思う。
海外に行くまでは「私は人種で差別なんかしない」と思っていたけれど、実際行くと、あー私も差別してるなーと実感した。理不尽なことでイチャモンつけられると「やっぱり◯人は!」って思うし、夜中まで騒いでる人がいると「だから◯人は!」って思う。
もちろん日本人の中にもそういった人はいるのだから、国で限定する必要はないのだけど、やっぱりそう思ってしまう。でもだからと言って「差別しないようにしよう」と思っても自分が勝手に思っている感情をコントロールすることは出来ないので、「出来れば差別しない人間になれるように頑張ろう、差別を恥じよう」と思い留めることに。

自分の悪い部分だけど、その悪い部分とどう付き合っていくかが大事なのかな。これもまた海外に出ないと知れなかったことなので、私にとってはいい経験。

まぁ一番思うのは、平和な日本に生まれて本当に良かったな~ということですがw

今回治安が悪くて飛ばしたいくつかの国、いつかそんなこと気にせずに行けるようになればいいなぁ・・・。

カテゴリー日本での日常