初めてのインド!!初日はやっぱりインド人に・・・

ついに!!
入国しました!!
初めての・・・
インド!!!
え~と・・・何カ国目になるんやっけ?10以上の数字になると途端に物覚えが悪くなる私ですが、はっきり言って今まで行った国の中で一番怯えています!((((;゚Д゚))))
普通に考えてパプアニューギニアの方がよっぽど危ないんですが、まぁあの時は知らぬが仏と言いますか。
私のインドのイメージは
ウザい・汚い・だまされる
入国前の偏見でしかないですが。
あとこういうイメージ↓
ind1.gif
ind2.jpg
実際行きたくは無かったのですが、ただでさえ行きたくないのに日本帰ってからインドだけ行こうなんて絶対思わないし、行きたくはないけど見たいものは多いんですよね。ベタだけど、タージ・マハルは絶対見たい!!
まぁ上のイメージがインド出る頃にはどうなっていることやら。
ネパールですら散々喚き散らしていたのに、インドなんてプッツンしまくるんじゃないかと心配です。
images_201601120128475bf.jpg
あ、、、だからみんなメディテーション行くの・・・?(;´∀`)
スノウリからゴーラクプル行きのバス。
DSCF0664_20160111232916983.jpg
ゴーラクプルからは列車でバラナシへ向かいます。
スノウリやゴーラクプルからバラナシへは直接バスでも行けますが、インドのバスは場所によっては女性一人は危険なところも多いので、なるべく列車を選択しようと思いまして。
バスの終点がゴーラクプルのバスターミナルで、そこから進行方向突き当りにゴーラクプルの鉄道駅が見えます。

が、私はそれが分からずふらふら彷徨い、意を決してインド人に聞くと、元いたバスターミナルに戻ってしまいました(;´Д`)
早速騙された!!!

・・・と思ったものの、私は「バラナシ・トレインステーション」と言っていたので多分「トレイン・ステーション」が通じなかったのだと思います。インドは「電車」ではなく「鉄道」なので、正しくは「レールウェイ・ステーション」なのです。聞き慣れない言葉で、とにかくこいつはバラナシに行きたいという部分だけ伝わったのだと思います。
※ここからバスでも行ける。
結局オフラインMAPアプリを頼りに駅に到着。バスパークからほぼ見えていて一直線なのに2択でなぜ違う方向に行ってしまうのかわたし。
ゴーラクプル鉄道駅
DSCF0671.jpg
結構立派!
さぁ、いよいよ初めてインドの鉄道チケットを買います!
上の写真の真正面、時計の下の入り口に入ると、左手側にすぐ「外国人専用窓口」があります。↓
DSCF0675.jpg
その右の電光掲示板では、自分の列車が来るホームも分かります。
が、なぜか私は正面の左側の建物に入ってしまい、後でこのカウンターを発見しました( ̄ー ̄;)←方向音痴の上にカンが冴えない!
この建物↓
DSCF0667_20160111232912eea.jpg
ここに入ると現地人用のカウンターがあり、人が沢山並んでいるのですが、そこをうろうろしていると「こっちだ」と呼ばれ、「ツーリストインフォメーション」なるものを発見。
DSCF0666_20160111232910cdd.jpg
が。
ただひたすらインド人を信用していない私!
「オフィスのスタッフだ」と言う人に「ここに名前と国とパスポートナンバーを書いて」と言われるも、頑なに拒絶。←結局書かずw多分どういう人が来たかという単純な記録だったんだろうけど。
一応列車の時間を調べてもらうも、今日の列車は夕方発夜着か、夜行列車しか無いとのこと。初めての町に夜に着くのは避けたいし、夜行列車も怖いしで、駅前のホテルで1泊して明日の列車にしようと出直すことに。
が、前もって調べた情報で駅前に沢山宿がある、とのことだったけれど、あるにはあるけどどこも満室!!(TдT ) 空いているのは400~600インドルピーの高いとこばかり・・・。
結局さっきのツーリストインフォメーションに戻って、夜行列車で行くことに。
時間を調べてもらうと22:45発。
この時15時くらい。
しかも夜行列車は今満席で、17時か18時くらいにならないとチケットが取れないとのこと。=キャンセル待ち。
駅にはクローク(荷物預かり所)もあるけれど、チケットが無いと預けられない。
(外国人専用窓口からホームに入って右に曲がったところ。24時間20ルピー)
オフィスのおっちゃんが「ここは17時まで開いているから、ここにいてもいいし、荷物もここで預かるよ」と言うので、荷物を置いてご飯に行こうとするも「本当に大丈夫!?」と言いながらオフィスを出る私。←それなら自分で持って行けよ・・・;
外国人用窓口からホームに入って、左にずっと進んだところにも、外国人用の窓口があります。
DSCF0678.jpg
窓口ではなく、ここに入って行けばOK↓
DSCF0677.jpg
駅のホーム
DSCF0676.jpg
駅前に飾られたディーゼル車
DSCF0670_20160111232917010.jpg
約6時間で列車内にトイレがあると言えど、ここでお腹を下してしまったら面倒臭い・・・と思いつつも、ネパールで朝ドーナツを食べたきり、何も食べていなかった私。
駅を出てすぐにある食堂で、インドでの初ご飯!!!
s-DSCF0673.jpg
DSCF0672.jpg
見た目そんなにやけど、、、
うまいやないかい!!(゚д゚)!
カレーもご飯もネパールより断然美味しい。
隣国なのに、国境を越えるとこんなにも違うものなのか・・・。
値段忘れたけど日本円で100円ちょいくらいだったと思う。ぼったくられんか心配だったものの、普通の値段だった。
ネパールでは別料金のチャパティもここでは普通についてくるのも嬉しい!チャパティ以外はおかわり自由で完全にお腹いっぱい!
お腹いっぱ・・・い・・・?
s-DSCF0674.jpg
屋台でチャイと何か甘くないドーナツ的なもの。
チャイもネパールより濃くてスパイス入りで美味しい。
完全にお腹の調子を心配していない。
ものの、預けた荷物が心配・・・。
やっぱり騙されてる気がする!!!
あの人、ネームプレートも無かったし!!!ワタ(゚Д゚;≡;゚Д゚)ワタ

不安がよぎって急いで駅に戻るものの、、、
バックパックは普通にあった。
う~む、、、なかなかインド人騙してこないな。
その後オフィスは17時で閉まるということで、チケットをキャンセル待ちしている私は、18時・19時・20時・・・と、1時間ごとに外国人用窓口に聞きに行きなさい、と言われる。
「まぁもしそれで取れなかったら、1泊して明日一緒に観光地を案内するよ」
その一言で再度不安になり、これは本当はチケットが無いのを知っていて明日無理やり観光案内する気じゃあ・・・と疑う私。
「本当にチケット取れる?」
「大丈夫!100%取れる!!」
・・・100%なんてますます怪しい。
これは出発直前まで取れないかも・・・と不安になりつつも、言われた時間の1回目、18時に窓口に聞きに行くと。
普通に取れた。
う~ん、なかなか騙されんな。
荷物を預けて身軽になったところで。
s-DSCF0680.jpg
まぁ一応駅敷地内に唯一一軒ある小綺麗なレストラン。
出発時間までここでご飯を食べたり本を読んでやり過ごす。
夜10時くらいの駅構内。
DSCF0681.jpg
インドの駅は深夜便や早朝便を待つ人で、夜中も人がいっぱいいる。みんなその辺で適当に寝ている。
ぼ~っとしてたらいつの間にか列車が来ていて慌てて乗車。
DSCF0682.jpg
アッパースリーパー 170ルピー
普通指定席の倍くらいの値段だけど、夜だし安全を取って寝台車両の一番上。写真は向かいのベッドで3段ベッドだった。
スリーパークラスは他の車両からは入れなくなっていたのでちょっと安心。※安いシートほど乗客も「それなり」なので、盗難等が多いとのこと。
バラナシは終点だと言っていたからゆっくり寝れる~(*´∀`*)
早朝4:40。
列車が停まって社内がザワつくので目が覚める。
4時40分・・・。
到着予定時間、ぴったりだけど、インドの列車がそんなぴったり着くはずがないし、乗り込んでる人もいるし、下の人もまだ寝てるから、まだ終点じゃないか・・・とまた寝だす私。
・・・停まってる時間結構長いな。
よく見ると、
下の人、違う人だっ!!!ワタ(゚Д゚;≡;゚Д゚)ワタ
慌てて下に降りて、乗り込んで来た人に聞くと、「ここはバラナシだ」
急いで荷物を取って列車を降りる!!!
終点って言ってたのに!!!
今度こそ騙された!!!(TдT )
何とか列車を降りたところで、乗り込んでいた人にこの列車の終点はどこなのか聞いてきた。
「この列車はゴーラクプルに行くよ」
・・・折り返し運行ということか!!!
それなら確かにここが終点というのは間違っていない!!!
つまり騙されてはいない。。。う~ん。
DSCF0684_2016011300104536e.jpg
まだ暗い内に移動するのは避けたいので、明るくなる7時くらいまでそのまま駅でやり過ごす。
7時くらいに駅を出ると、予想通り数人のオートリキシャが声をかけてくる。が、普通にガイドブックに載っている正規料金「50ルピー」と言ってくる。
何で正規用金なんだろう・・・?
朝だから面倒臭いの?;
しかもそんなにしつこくもなく、少し離れた場所にぽつんといた人力車に自ら声をかける。
※人力車よりもオートリキシャの方が多かった。
私 「ゴートウリヤー(宿の近く)まで30ルピーで行ける?」
リキシャ 「うん。いいよ。」
・・・え!?いいの!?
一切交渉無し!?
拍子抜けしながらも高く言い過ぎたのかと悶々としつつ、
もしかしてこれが
このまま違う宿や土産物屋に連れて行かれるというアレか!?
と不安になる(´д`;)
DSCF0686.jpg
が、普通に着いた・・・。
ちょっと。
いつ騙してくるの!?インド人!?
スムーズに行き過ぎたのが逆に怖い。リキシャや客引きもそんなしつこくないし・・・デリーやコルカタじゃなくバラナシだから!?
とにかく、バラナシ着きましたw
【ゴーラクプルからバラナシへの行き方】
列車 SL(AC無しの3段ベッド寝台・一番上) 170ルピー(22:45発 4:40着)
ここだけかもしれませんが、パスポートのコピーが必要でした。まぁ無くてもここでコピーしてくれるかも。
時刻表はツーリストインフォメーションで見せてくれました。
2016年1月現在の時刻表
5:30-11:05,6:15-12:55,13:40-18:15,15:30-20:55,16:00-21:25,22:45-4:40
※バスパークからバスもあり。
インドの列車時刻表はスマホのアプリでも沢山あるし、インド鉄道のHPなどからでも確認出来ます。
しかしアプリで確認出来るなんて、便利な世の中になったものだ・・・。
ゴーラクプル駅で荷物を預ける(クローク・ロッカー)
24時間 20ルピー
※列車のチケットが必要。外国人用窓口からホームに入って右に行ったところ。
バラナシ駅からゴートウリヤー交差点(ガンガー近く)まで
オートリキシャ 50ルピー(向こうの言い値)
サイクルリキシャ(人力車) 30ルピー(私の言い値)
※安宿はリキシャが入れない細道にある場合が多いので、ここか「ダシャーシュワメード・ガート」で降りるといいと思います。

   
カテゴリー

この記事を書いた人:

カテゴリ