誰もいないドミ~バラナシの安宿~

バラナシに入って1週間が過ぎました。
特に何もしていないので、ブログの記事がほぼリアルタイム。

その間にいい宿を探し求め、結局3回変えました。

※1インドルピー=1.8円前後(2016年1月現在)
※ドミトリー(ドミ)=トイレ・シャワーを共同で使用する相部屋のこと。

Baba Guest House(ババ・ゲストハウス)

移動で疲れていたため、適当に決めた1日目の宿。(2016.1.8~1泊)

DSCF0702.jpg

DSCF0734_2016011600152084a.jpg

ドミトリー:200ルピー
共同ホットシャワー(熱い)・トイレ、Wifi無料、貴重品BOXあり

ドミ部屋と屋上からガンガーが見える。
ドミ屋根は開放的でいいが屋根がトタンなので、朝猿が暴れる時は煩い。蚊も入り放題。
Wifiは部屋では繋がりにくかったけどフロント近くでは使えた。
スタッフは親切なので、個室ならいいと思う。洗濯物は外に干すと猿に持っていかれる。

KUMIKO HOUSE(久美子ハウス)旧館

日本人の間で広く知られているため、とりあえず1泊はしたかった2日目の宿。(2016.1.9~1泊)
旧館の近くに新館もあり、そちらはドミは無し。

DSCF0793.jpg

DSCF0830.jpg

場所:Pandey Ghat
ドミトリー:100ルピー
共同水シャワー・トイレ、Wifi無料、蚊帳あり

久美子の家は、言わずと知れた日本人宿。

kumiko.jpg

多くの日本人バックパッカーが泊まる宿として、記念に1泊。が、事前の情報通り韓国人宿と化していて、日本人は私以外にシングルに1人いただけだった。
隣りに韓国人宿があることと、今が韓国のホリデーシーズンのせいだと思われる。12月・1月のこの時期を外せば落ち着いているのかも?

ドミの写真は夜撮ったから暗いものの、隣りが共同スペースになっていてメンツが良ければさぞ楽しいと思う。汚いと聞いていたものの、それ程では無いと思ったのは私の感覚が鈍っているのかも・・・。

シュラフを持っていないと言うと久美子さんが貸してくれた。日本食もあり(クミコメシと呼ばれる)、屋上からはガンガーが一望出来る。悪くは無かったけど、既に出来上がっている韓国人オンリーのグループに溶け込むのはなかなか勇気が必要だったので、結局宿替え。

VISHNU REST HOUSE(ビシュヌ・レストハウス)

3日目~現在の宿。(2016.1.10~?泊)

DSCF1005.jpg

クミコハウスと同じガート沿いにある。すぐ近く。

場所:D24/17, Pandey Ghat
ドミトリー:100ルピー
シングル:150ルピー(ドミの向かいの部屋)~
その他:共同ホットシャワー(時間帯による)・トイレ、無料Wifi(ドミ部屋では使えない。共同スペースのみ)、ベッドの下に貴重品BOXあり

宿探しをしていた時に、たまたまネパールで同じ宿に泊まっていたKさんに会い、教えて貰った宿。最初聞きに行った時に「ドミは無い」と言われ、シングル150ルピーで迷っていると、しぶしぶ、という感じでドミを見せてくれた。

DSCF0831.jpg

誰も泊まっていない。

置いてある荷物は全て私のもの。
手前2つのみ布団が敷かれているものの、ベッドも床も埃だらけで私の前にも人が泊まっていた形跡は全く無い。

ベッドは見ての通りただの板で、布団はあって無いような・・・板の間に寝ているのとさほど変わらない。

窓をいくつも開けて写真を撮ったから明るいものの、初めこの部屋に入った時は真っ暗でまるで牢獄。

普通ドミ部屋に1人だと、「やったー!シングルルーム的に使える♪」と喜ぶのだけど、ここはとにかく「早く誰か入って!(;´Д`)」と祈っていた。私が入った日にも数人見に来たものの、みんな再び戻って来ることは無かった。

翌日韓国人男性が入り、その後欧米人カップルが入って、ようやく安心できた。

・・・ものの、その欧米人男性は夜中突然私を起こし(彼は彼女と一緒にベッドをくっつけて寝ている)、起こしたくせに何も言わないという意味不明な行動を取り(こっちがどうしたの?と聞いても何も言わない。しかも部屋は真っ暗。)、その1泊だけして出て行った。

めっちゃ怖かった!(その人が;)
この部屋、何かあるのか・・・?と思いつつ、私は特に霊感も無いので現在も宿泊中。

とにかくまぁ、実際泊まっている私が言うのも何だけど、よくこんなドミ泊まるなぁ~という部屋。

夜以外は窓を開ければガンガーが見えて明るいからいいんだけど。心許ない網戸なのに、こんな所に人はいないと思っているのか、なぜか蚊もいない。←寒い時期のせいだと思う。

それでもここに泊まる理由は併設されたレストラン兼共同スペースがすごくいいから。

DSCF1001.jpg

↑このカウンターはイスに座るとガートを歩く人々が見えないので、宿のスタッフも宿泊客もみんなこうしてテーブルに座る。

DSCF1002.jpg

DSCF1003.jpg

レストランのメニューもそれほど高く無いので、ガンガーと朝日を眺めながら優雅に朝食をとれる。
一番安い「ホット・レモン」は10ルピー(約18円)ながら、レモンの果肉も入っている。その他、ハニートースト25ルピー、チョウメン50ルピー等があり、フレンチトースト50ルピーがおすすめ。
パンケーキはパンケーキでは無くほぼクレープだった;とにかく眺めがいいので、レストランのみの利用でもいいかも♪
ガンガーまでも徒歩1分。

サンタナバラナシも考えたけど、やっぱりせっかくバラナシに来たならガンガーの近くに泊まりたい。特に私のような屋上に行くのすら面倒くさがる人間にとってはもってこいの宿♪

シャワーのお湯はぬるい時もあるけど(いい時はめっちゃ熱い。浴びる前にスタッフに確認した方がいい)、Wifiは普通に早い。

ただ、泊まるなら個室をおすすめします・・・(;´∀`)

始めこそ誰もいなかったドミは最近布団が増設され、入れ替わりしつつも私を含め3人ほど泊まっています。
みんなよくこんな部屋泊まるなぁ~。(自分も含め)

※後日談:ハイシーズンはドミも満室になるそうです。

   
カテゴリー

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ