こんな場所によく宿をつくったなぁ・・・(ワイナード)

ウーティーからバスで約4時間。ケーララ州の「Wayanad(ワイナード)」という町へ。

ここに何があるかはサッパリ知りません。
南インドで頻繁に使っているチェーン店?の宿がここにあったので、まぁこういう宿があるってことは何か観光するものがあるのだろう、ということで行ってみたのです。

この先の数カ所の町はこういった理由で移動したので、完全に予備知識ゼロである意味楽しかったです。

1P4074473.jpg

南インドのバスは窓ガラスが無く、カーテンのようなものがついているのですが、基本的には全部開けっ放し。


2P4074476.jpg

コダイカナル、ウーティーの高原地帯より標高は下がったので、少し暑く感じます。

ワイナードのバスパークに着いた時には「思ったより町だな~」という感じだったのですが。そこで乗り換えた宿へ向かうバスの車内から見える景色は完全に山?森?ジャングル?

窓から入る涼しい風を受けながら、私は一体どこへ向かってるんだろう・・・と若干不安になる。

で、「ここだよ」と降ろされた場所。↓

3P4074477.jpg 

この道をまっすぐ行けと言われたものの、、、
近くにあったのは小さな商店1軒のみ。
本当にこの先に宿なんてあるんだろうか?(;´Д`)
しかも上り坂になっていて、約15kgのバックパックがずっしりと肩にくいこむ。着いたのも昼2時くらいで一番暑い時。
汗だくになりながらも、通りかかったバイクをヒッチハイクして宿前に到着。(結局バイクに乗った所からは1分くらいで着いた;)

写真右上の青いのが宿の看板。

4P4074489.jpg

で、その看板の指し示す方向には。

4P4074497.jpg

完全に森!(゚∀゚)

「ほんまにこんな所に宿なんてあるんやろか・・・?」と思う人が多いせいか、数10mおきに宿の看板が出現する。

5P4074478.jpg

120m先でまだ見えず。

6P4074486.jpg

あった!!!

7P4074484.jpg

ほんとに森の中にある。割に、かなり立派。

8P4074481.jpg 

部屋もきれい!!

9P4074480.jpg

写真はドミトリー部屋ですが、個室もちゃんとあります。
貴重品入れもちゃんとあるし、シーツも水回りもきれい。
ドミ部屋は部屋の中で2部屋に分かれていて、私はこの写真の手前の部屋(廊下側)に泊まっていました。
なぜなら手前の部屋にあるTVではBSが見れて、更にいい(悪い)ことに「ANIMAX」が見れたのです!!(゚∀゚)
※ANIMAX(アニマックス)・・・日本のアニメ専用チャンネル。

もう暇さえあれば、というか普通にずっと見てましたねw
シティーハンター、ブリーチ、金田一、、、懐かしいのから知らないものまで同じ回であろうが見てましたね!

宿の話に戻して。
屋上からの景色もいいです。

11P4084498.jpg

夜は満点の星空が見えて、ここで一杯・・・とやりたくなるんですが、周辺にはビールなんて売ってるお店は無いもので。

宿の庭はまぁ森なんですが。

10P4094668.jpg

このイスに座ってぼけ~っともしてました(^ν^)

この周辺はジャックフルーツの木が多いです。
ヤシ林はよく見ますが、ジャックフルーツ林は初めて見ました。

P4074482.jpg 

ジャックフルーツって、こんな突然ななり方するんや~。

P4074483.jpg

P4074487.jpg

試しに宿の人に「食べていい?」と聞くと「まだ小さいから美味しくない」と言われました。既に人の頭よりデカいんだけど、どのくらいの大きさが食べ頃なんだろう;

宿を出て散策。

P4074492.jpg

P4104677.jpg

宿から徒歩5分くらいの所に観光名所となっている洞窟があるので、観光客用のレストランが2、3軒とお土産屋さんが数軒あるのみです。
「ギリギリ高原地帯」といった感じで、今まで行った場所同様、茶葉・スパイス・ホームメイドチョコレート等が売られていますが、チョコは若干柔らかくなっていました。(買ったけど)

こんな所でこんなもの買う人いるんだろうか・・・と思うけど、そういう人がいるのがインド♪

P4074496.jpg

P4074495.jpg 

ここで沢山売られていた、「鳥の巣に似せた飾り」らしい。

P4094669.jpg

中に花を入れて飾ったり?用途が今イチ分からんけどちょっと可愛い(*´∀`*)

P4074488.jpg

ご飯はお馴染み「ミールス(カレー定食)」。

P4074491.jpg

ん?
お米の様子が何か違う・・・。
今までインドで食べたきたお米は、細長くてパサパサしてるんだけど、ここでは何かちょっと丸々としていた。でもパサパサしているのに変わりはない;。
他の食堂でも同じ米だったから、この辺りはこういうお米なのかなぁ~?

観光客用の食堂しか無かったから、値段を心配してたけど、どの店もベジミールスは40~50ルピー(90円前後)と普通に安かったから一安心。ただ、インド人のお昼時(14時)からしか食べれないというのがネックだった。

ベジミールス40ルピーのお店↓

P4104676.jpg

洞窟も行こうと思ったけど、夕方近くなってきたので翌日行くことに。

象にも乗れるよ♪

P4104673.jpg

P4104674.jpg

ウーティーからワイナードへの行き方(バス)

Ooty(ウーティー)9:00発~Wayanad(ワイナード)13:10着
バス 約4時間10分 72ルピー(約130円)
ウーティー駅近くのメインバスターミナルから「KANNANUR」行きのバスに乗車、ワイナードの「Sulthan Bathery」で下車。
※このバスは非常に混んでいて発車の時点で満席になります。インド人に聞いてバスが来たらすぐさま飛び乗る覚悟でないと座れません。

ワイナードの安宿

「Vedanta Wake Up!-Wayanad」
Ambalavayal Post, Edakkal Caves, Wayanad, Kerala
http://www.vedantawakeup.com/
※HPからの予約はインドのクレカしか使えなかった。
(2016.4.7~4泊)
ドミトリー:300ルピー(約540円)Booking.comで予約
ホットシャワー(24時間OK)、WIFI無料(部屋でもOK。速度普通)
行き方:Sulthan Batheryのバスターミナルから「Edakkal Caves」又は「Ambalawayal」行きに乗車、「Edakkal Caves」で降ろしてもらう(約45分・12ルピー)。そこからEdakkal Cavesに向かって徒歩約20分。
緑の中で非常にロケーションがいい。周りはATMも生活用品店も何も無いので、必要な物は事前に買い揃えておくこと。一番近い町は「Ambalawayal」だけど、大したものは無い。

   
カテゴリー

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ