事実上の首都?ポドゴリツァ(モンテネグロ)

ラジオを聞いて頂いた皆様、ありがとうございました!
後で聞き直すとまだまだ反省点が;10分は短い!(というか喋りすぎ?)
ブログも久々に更新です。
リアルタイムはこちらで更新中!

Instagram ユーザーID:tabijo_shiho
https://instagram.com/tabijo_shiho/
インスタのアカウントが無くても閲覧可能です♪
~ここから本編~
コソボからモンテネグロへ。
モンテネグロの場所↓
モンテネグロ
さてさて、例によって何があるのかサッパリな国だけど、サッパリな国こそ行ってみたくなるんですよね。
モンテネグロまではバスで移動。
DSCF3733.jpg
国境付近でパスポートチェックがあるものの、コソボの出国スタンプは押されなかったけど、モンテネグロでは入国スタンプが押された。東欧諸国は大体こんな感じでざっくばらん。
町を抜けると緑が濃くなり、見渡す限り山脈!という山道を下ったかと思えば、両側を絶壁の岩に挟まれた道を通ったり、透き通った川に小さな教会、おもちゃのような三角屋根の家・・・バスの行程は6時間と長かったので時々うとうとしていたけど、出来れば朝から昼くらいの感じでゆったり見たかったなぁと思った。(写真が今イチ;)
DSCF3737.jpg
DSCF3749.jpg
後で調べると、モンテネグロからセルビア(コソボの上)間を走る鉄道路線(バール鉄道)は景勝地として観光客に人気らしい。地図を見ても国境に沿って山脈が広がっているので、この辺りはどこも景色がいいのかもしれない。
モンテネグロの首都「ポドゴリツァ」に到着。
ちなみにポドゴリツァは「事実上の首都」。というか、事実上の首都って何?(゚∀゚;) 憲法上は「ツェティニェ」という町だけど、実質一番機能しているのがポドゴリツァらしい。
ポドゴリツァで泊まった宿は「オールドタウン=旧市街」にある。
ヨーロッパの旧市街は「石畳の町にお土産屋やレストランがひしめき合う」というのが定番なんだけど。。。
DSCF3922.jpg
なんも無い。
本当に「ただ昔からある住宅街」。
う~ん、ある意味好きだなぁw ただ古い住宅街なので、見所も一切無い。
唯一旧市街入口にある時計塔。
DSCF3929.jpg
う~ん、未だかつてこれほど首都で見所の無い町はあっただろうか・・・。
しかし見所の無い場所こそ開発しがいがあるもの!
とりあえず町の中心となっている「ダウンタウン」に行ってみよう。
DSCF3921.jpg
う~ん、この辺りが町の中心のはずなんだけど・・・( ̄ー ̄;)
ネタのためにわざとこんな感じで撮っているわけではなく、本当に人が少ない。冬の平日というせいかもしれないけど。一応ショッピングストリートになっているけど、特に面白いものも無かったので写真も無い。
ダウンタウンでのネタ探しを諦めて「Novi Grad=新市街?」を散策。新市街らしき場所は旧市街から大きな川を挟んだ対岸にあり、、、
川の向こうにいい感じの廃墟が!(゚∀゚)
DSCF3830.jpg
あっ猫さ・・・
「アンタまたあんなとこ行くの?」
DSCF3835.jpg
「廃墟廃墟って35にもなる女が一人でさぁ・・・」
DSCF3839.jpg
ははー!!仰るとおりで。
DSCF3845.jpg
屋外にはウォータースライダーもあったりで、どうやらレジャープール施設跡みたい。ユーゴスラビア時代っぽい外観がいい。
●モンテネグロ現代美術センター(ニコラ王の夏の離宮)
入場:無料
DSCF3860.jpg
かなり広い敷地の割に小さな離宮。周りの敷地は公園のようになっていて夏は気持ちよさそう。内部も入ったけれど私が行った時は「ちょっと分からない系アート」がこじんまりと展示されていた。
DSCF3869.jpg
威厳のある銅像ほど頭にハトが乗ってると何か笑える。
DSCF3864_201702251846073e5.jpg
おー何だかここが一番発展してるなぁ。(かといって何があるというワケでもない)
この後たまたま通りかかった教会が意外に良かった。
●Cathedral of the Resurrection of Christ(キリスト復活大聖堂)
DSCF3888.jpg
教会の土台の壁が石を切り出した形そのまま使われていて、その上から彫刻などが掘られている。これは今まで見たこと無いかたちかも。
DSCF3876_20170225184609edf.jpg
DSCF3889.jpg
DSCF3893.jpg
教会内に入った瞬間眩しい!
内部のフレスコ画には「金色」が基調として使われていて、今までで一番派手なフレスコ画だと思う。
 DSCF3901.jpg
宿の人がくれた地図によると、他の教会や、丘に登ると町を一望出来る場所もあったりと意外と見所はあるようだけど、まぁ寒いし帰ることにする。
一番良かったのは川かなぁ。
DSCF3912.jpg
写真では分からないけれど、非常に透明度が高くて青い。
これが山の中なら「あぁ、綺麗な川!」と思うくらいだけど、首都の川だということに驚く。モンテネグロ人に是非隅田川や道頓堀川を見せたい。そんなに排水設備が整っているような雰囲気も無いんだけど、単純に工場や人口が少ないだけなのかなぁ・・・。こういう国にはゴミも沢山浮いてそうなイメージだけど、ゴミも見当たらなかった。ポドゴリツァ観光はもっとこの川を推すべきだと思う。
遠くに見える橋は「ミレニアムブリッジ」。
DSCF3915.jpg
何のミレニアムなのかは知りません。
DSCF3916.jpg
カリメロ発見。なぜカリメロ・・・?
DSCF3918.jpg
ポドゴリツァでは2泊。2日目はちょっと遠くの修道院へ向かうのです。

コソボ(ペヤ)からモンテネグロ(ポドゴリツァ)への行き方【国境】

ペヤ 10:00発~ポドゴリツァ 16:15着
バス 約6時間15分 14ユーロ
※景色いい。

ポドゴリツァの安宿



DSCF3762_201702251910401c8.jpg
DSCF3754.jpg



「Montenegro Hostel Podgorica」
ドミトリー:10ユーロ
WIFI:部屋可
設備:エアコン、キッチン
その他:オーナーはうるさいけど親切。
行き方:バスターミナルから徒歩約20分。
宿泊日:2016.10.2~2泊

カテゴリーモンテネグロ