猫好きはコトルへ行け。

夕暮れ時に旧市街の端の、海が眺められる場所に行ってみた。
DSCF4102_201703110842014a3.jpg
観光客は城壁のへりに座って雑談したり、地元のおじさんは波打ち際の岩に座って釣りをしている。バスカーが奏でるギターの音がこの光景によく合っていてすごく心地良い。選曲もゆったりしたメジャーな曲で、思わず心得てるなぁと思ってしまう。
そしてここにも毛づくろい中のお猫様が。
DSCF4108_201703110842084cb.jpg
更に近くで猫だまりを発見!!
DSCF4098.jpg
※猫だまり・・・「吹き溜まり」の猫バージョン。猫が沢山集まっているところ。
DSCF4069.jpg
寒いせいかみんな香箱座りなのが面白い。
DSCF4075.jpg
※香箱座り(こうばこずわり)・・・猫が前足を体の下にしまって座っている姿。
DSCF4086.jpg
DSCF4081.jpg
DSCF4077.jpg
旧市街の城壁を外から見たところ。
DSCF4116_2017031108460942d.jpg
この高い壁は一部登って歩けるようになっているので登ってみた。
DSCF4238_201703110846057a0.jpg
DSCF4239_20170311084611f80.jpg
にゅっ。
DSCF4244_20170311084610e2a.jpg
ここにもお猫様。
ちなみに城壁の外は中とはうって変わってリゾート地!な感じでヤシの木が並ぶ遊歩道がある。
DSCF4366.jpg
何かバカデカい豪華客船も停泊している。。。いつかそういう優雅な旅もできるのだろうか。いや、無理か;
城壁の外に出てもお猫様。
DSCF4356.jpg
「城壁、城壁」と書いている通り、ここにはお城もある。ただ場所が山の上でそこへ行く途中に入場料も徴収されるとのことで行くのは最終日になってしまった。入場料は3ユーロ。宿の人が無料で入れるルートも教えてくれたけど「かなりハードな道」と言うのですんなりやめた。
道ながらにもお猫様。
DSCF4288_20170311084842de6.jpg
ここから旧市街が見渡せるので、これはいいショットが撮れるかもと構えるものの、コトルの猫さんは懐っこいコが多いのですぐ近寄ってきて特にいい写真は撮れなかった。まぁなでなでできるから嬉しいんだけど。
近づいてくるミケさん。
DSCF4289_201703110848235fb.jpg
旧市街を眺めるミケさん。
DSCF4294_20170311084826cb5.jpg
山の中腹にあった教会の中が、白い壁に金色の星が描かれていて可愛かった。
DSCF4297.jpg
この教会の前からコトルの旧市街が見渡せる。
DSCF4296.jpg
この町にいた間中ずっと天気が悪かったのが悲しい( ;∀;)海は青いけど、晴れてたらもっときれいなはず。
・・・というか、こう見ると豪華客船めっちゃデカいやん!豪華客船のせいで旧市街どうのよりもそっちに目がいくなぁ;
町並みズーム。
PB073670.jpg
聖トリプン大聖堂の広場。
PB073685.jpg
こう見ると屋根の色も建物によって鮮やかな赤とくすんだ赤がある。くすんだ赤い屋根瓦は昔のままなんだろうなぁ。
山頂のお城に到着。
DSCF4325.jpg
ほとんど整備されてなくて完全に崩れた廃墟だけどまたそれがいい。まぁほとんどの人はお城よりも旧市街を一望するために来ているのだと思うけど。
このドラクエっぽい眺めも好き。
PB073677.jpg
旧市街へ戻る。
DSCF4251_2017031108542914e.jpg
 DSCF4227_2017031108542253d.jpg
見ての通り、コトルにいる間中ずっと天気が悪く寒かったのは残念だったけど、こんないいことも(*´ω`*)
この黒猫さんを撮っていたら・・・。
DSCF4253_20170311085426312.jpg
寒さを凌ぐためにしゃがんだ私のヒザの上に乗ってきた(;゚∀゚)=3
DSCF4254.jpg
更に・・・えっ2匹は無理でしょ。
DSCF4255_20170311085411072.jpg
よいしょっと。
DSCF4261.jpg
私のひざの上で暖をとってじゃれ合う猫さん達(;゚∀゚)=3
DSCF4263_201703110854154a8.jpg
味をしめて翌日同じ場所に行くとちゃんと2匹ともそこにいた。
前日よりは寒くなかった翌日の写真↓
DSCF4375.jpg
あぁ、この町を去るのが名残惜しい。。。
DSCF4378.jpg
↑黒いシルエットが何だか笑える写真。
ちなみにコトルから足を伸ばして「スヴェティ・ステファン」という所にも行った。宿の人が「アンジェリーナジョリーの映画で使われた場所」というので、その映画が何かも分からないまま、まぁ行ってみるかということで。
おーなるほど。
DSCF4006.jpg
海に浮かんだ小島に建物があり、この島全体がホテルになっているとのこと。
PB053660.jpg
しかし頑張って近くまで行ったものの、現在オフシーズンで休業中とのことで島の中自体に入れなかった。なんじゃそりゃ。行くのも結構面倒くさかったのに。
DSCF4021.jpg
DSCF4015.jpg
 
「Sveti Stefan Agora(スヴェティ・ステファン)」
行き方:コトルからBudva(ブドヴァ)へバスで40分、3.5~4ユーロ。ブドヴァで違うバスに乗り換え約17分、1~2ユーロ。有名なので、写真を見せるか紙に書いて見せるとすぐ分かってくれる。幹線道路で途中下車という感じで、帰りもヒッチハイクの要領でバスを捕まえる。
ここで会った猫さんたち。
DSCF4030_201703110859175aa.jpg
DSCF4033.jpg
コトル(モンテネグロ)の後はクロアチアのかの有名なドブロブニクへ行ったのだけど、個人的には町のこじんまり感と、旧市街の中にキッチン付きの安宿があるという点でドブロブニクよりコトルの方が好きかも・・・。ドブロブニクにも猫さんは多かったけど、こっちの方が多いかな?
さて、クロアチアの後もボスニアで廃墟巡りに勤しんだり、ルーマニアで必然性に迫られヒッチハイクしまくったり、スロヴァキアの拷問部屋にちびりそうになったり、イタリアのジョジョの舞台ではぁはぁ言ったり、ドイツでビールと廃墟にはぁはぁ言ったり、まぁネタは山のようにあって書きたいことは多いのですが、ここで一旦ブログをリアルタイムに戻そうと思います。空いてしまった国は帰国後にでも埋めていこうかなと。思い出しながら書くのもまた楽しいんですよね~。ということで、東欧一部と中欧がごっそり抜けてしまいますが;まぁ後日のお楽しみということで(;´∀`)
次回、リアルタイム更新は「アンドラ公国」からです!

カテゴリー

この記事を書いた人:

カテゴリ