瀬戸内国際芸術祭2019秋|こえび隊ボランティアin粟島(あわしま)

今週9月28日(土)いよいよ瀬戸内国際芸術祭2019・秋会期が始まります!
私は伊吹島の受付に参加予定なのですが、天気が微妙;晴れろ~!!

先週のこえび隊(瀬戸芸ボランティア)では香川県三豊市詫間町の「粟島(あわしま)」に行ってきました。

三豊市は、香川の中でも結構西(愛媛より)なので、県外から来られる観光客はわざわざそこの島に行くのも・・・と思う方もいるかもしれませんが、実は県内でも今一番観光客多いんじゃないの!?と思うほどのホットスポット!

ここにある「日本のウユニ塩湖」こと「父母ヶ浜(ちちぶがはま)」には、平日でも多くの観光客で賑わっています。

そういやブログにUPするの忘れてたけど、こういう水鏡の写真が撮れる場所。

きれいでしょー!
この写真は一眼とかじゃなくてスマホなんで、コツさえ知ってれば誰でも簡単に撮れるんですよ~。

↓ 以前仕事で執筆させて頂いた記事です。ご参考に!

また、「天空の鳥居」とも称される「高屋神社」もあります。

天空の鳥居と、暮らしの森カフェでカレーランチ(香川)

穴場的なオシャレなカフェやパン屋も沢山あるので、1日目に島観光、2日目に三豊市観光で、三豊泊も全然アリだと私は思います!

と、一通り三豊市民でもないクセに三豊市をアピールしたところで本題に~。

レトロな建物がかわいい!猫もいる!粟島へ行こう

こちらは粟島海洋記念公園に経つ日本で最初の「地方海員養成学校」。
カメラを忘れたので映りがアレですが、ミントグリーンとでもいうのでしょうか?色合いがかわいい!

形もレトロで、つい剣心が刃衛と戦った邸宅みたい!と鼻息荒く見ていました。え?分かりづらい?

やはり時代背景も近く、明治30年(1897年)のもの。

この木製の扉もいい味が出ていて好き~。

味わい深いレンタサイクルもありますよ。

お金は看板娘の「大口しま子」ちゃんの中に入れて下さいね。
料金は1日500円、電動アシスト自転車は1,000円です。

猫さんもいますよ~♪

つい撮ったレトロな看板。

この辺の島では珍しくコンビニもあります(゚∀゚)

のどかな町並み。

その他にも、島のお母さんがブイで作った「ぶいぶいガーデン」や、城ノ山(じょうのやま)山頂展望台もあります。
展望台までは徒歩30~40分くらいなので、次回観光で来たら登りたいな~。
「漂流郵便局」は、なぜか海外の人に人気のようです。

6月から9月までは海ほたるも見れるそう。今回行って初めて知ったけど、是非見てみたいー!

アート作品制作のお手伝い「この家の貴女へ贈る花束」ディン・Q・レ

「この家の貴女へ贈る花束」

今回はベトナムのアーティスト「ディン・Q・レ」さんのアート作品制作のお手伝いをしました。

ここ、めちゃくちゃいいでしょ~!
畳に敷き詰められた丸いラグがカラフルかわいい!古民家のレトロな雰囲気とは対照的なのに、なぜかマッチしてるんですよね。

作品タイトル通り、花束・・・というより、お花畑みたい!

上の写真はちょうど敷き詰め終わった後に撮ったもので、私達は部屋の掃除などを終えた後、このラグを敷き詰める作業をお手伝いしました。

ラグはバラバラになっているので、裏返してアーティストさんの指示のもと並べ、アイロン接着剤で接着して繋げていきます。

古民家は空き家なので、掃除から始まり、2週間前から作業をしているそうなのですが、運良く私が来た日は結構最終段階で、部屋一面にラグを敷いた光景を見ることができました。

とにかくすっごく映えます!笑
もうね、カメラ忘れたことを悔やみましたよ。早くiPhoneに変えたい。

今回の写真はまだ完全には完成していないものなので、ぜひ粟島に足を運んで見て下さいね♪

ちなみに外観はこう。

昔タバコ屋をしていたようです。私が作業した古民家はこの奥にあり、会期中はここでベトナムのソウルフード・フォーと讃岐うどんのコラボ「フォうどん」を提供します。ベトナムコーヒーもありますよ!

この日はボランティアがほぼ女性だったこともあって、休憩時間に、アシスタントで来てたベトナム人女性とみんなで恋バナしたりですごく楽しかったです(*´∀`*) 初対面なのにめっちゃ込み入ったこと話してくるあたり、外国人だなぁ~と思う笑。

今回、粟島出身の方も一緒に手伝っていたので、一緒にお昼ご飯にも行きました。

ル・ポール粟島

「ル・ポール粟島」は、先程の海洋記念館と同じ敷地にあり、宿泊施設になっています。
その1階にある食堂です。

魚の照り焼き定食

コーヒー付きでした!何の魚か忘れたけど、美味しかった~♪

お昼休憩中に他のアート作品も観に行きました。

粟島芸術家村

廃校の中に作られたアート作品を観ることができる「粟島芸術家村」です。

木製の廊下や壁がステキ。
ここでは教室ごとに違うアーティストさんが作品を展示していて、沢山観れるのですごくお得感があります。インドのナゾ部族の神様とか、可愛い大っきなクジラとか。

この日は観れなかったかれど、別館に洞窟を模したアートがあって、地元の人曰くそこがすごくおすすめだそう。
やっぱ会期中にまた来たいな~。

香川県三豊市「粟島」への行き方

香川県三豊市詫間町にある粟島は、荘内半島にある「須田港(すだこう)」からフェリーで約15分。

フェリーの時刻表はこちら。
三豊市公式ホームページ|粟島汽船時刻表

瀬戸芸の秋会期中のみ、本島と高見島を繋ぐ便も出るので、島巡りをする方は要チェック!

瀬戸内国際芸術祭2019公式ホームページ|西の島フェリー時刻表

フェリーには要予約で1台のみ車を乗せれますが、島内は徒歩で大丈夫です。

車で行く場合
★注意!須田港の駐車場★
瀬戸芸会期中は少し離れた場所に無料臨時駐車場が設けられていて、そこから無料シャトルバスに乗って港へ向かいます。

臨時駐車場:香川県三豊市詫間町詫間2112-75

電車で行く場合

JR予讃線「詫間駅」から港まで、会期中のみ無料シャトルバスが発着しています。

詳しくは三豊市ホームページで。

粟島には「コンビニたけうち」や飲食店が数件がありますが、会期中は最低でも飲み物くらいは持って行くことをおすすめします。

参考
瀬戸内国際芸術祭2019公式ホームページ

さぬき 瀬戸しまネッ島

せとうち島手帖


海外旅行


イモトのWiFi


bali

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ