ときめく片づけって・・・?

どうも |ω・`)ノ
P3263496.jpg
花ちゃんでっす。
猫がこうゆう風に手をしっかりしまう座り方を「香箱(こうばこ)座り」っていうらしいよ。
そんなこんなでまたブログ上に広告が表示されてしまっているので(1ヶ月更新無いと自動的に表示される)、久々に更新しまっす。
そしてようやくスマホ用閲覧ページも整備しました!
カテゴリページも、TOPのフォルダマーククリック→「Categries」クリックで詳しく見れるようにしました。
多くの方に指摘されていた「スマホ版だとランキングボタンが表示されない」のも、気付きつつず~っと放置していたのですが(;´∀`)ようやく直しました。
自分を褒めたい…。
ブログタイトル、世界遺産検定編としながらも関係する記事を全く書かないまま、今回もただの日記です。
勉強はしてますよ~一応w
少し前に、妹がとある本を読んでまして。
その名も
「人生がときめく片づけの魔法」
…。
な、何その 自己啓発本 みたいなタイトル…(;´Д`)
しかも片づけごときにそんな大袈裟な;
私は比較的部屋は片付いている方なので、「片づけ」という括りだけで本が出て、しかも人気で続刊も出てる!ということに凄く驚きまして。
私 「片づけの本まで読まな部屋が片づけられん人の心理が分からんわ。」
妹 「でも姉ちゃん、いつも使うものとかどうしとる?」
私 「え?そんなん机の上に全部置いとるよ。」
妹 「部屋が散らかる理由は使ってない物が収納スペースを取って、本来使う物が収納出来ずに外に出てくるからなんやって。」
な、
なるほど!!( ゚Å゚)

単純な私は妙に納得させられまして。
私の部屋は、ぱっと見片付いているんですが、確かに開かずの押入れがあるし、雑貨等をしまう引き出しは滅多に開けることが無いし…。
その悪影響か机の上は物だらけで、PC広げる度に物をどかしてたりして。
妹の言葉で若干納得出来る部分があったので、本を読んでみることに。
まぁ先に言った「本を買うまでしないと片づけできない人の心境」が気になったのもあります。
何なに?
この人、自分で「こんまり」って言ってんの?w←本名「近藤麻理恵」
何なに?
物を捨てる基準は「ときめくかときめかないか?」
何なに?
片づけをすると人生が変わる?ふ~んw
とまぁ、最初の内は、完っっ全に バカにしてたんですけど。
読み進める内に、
バカにしてすいませんでした!!!
こんまり先生!!!_| ̄|○

単純な私はまたしてもあっけなく洗脳?されたのです。
しかもこんまり先生、「片づけコンサルタント」として依頼を受けた家に実際出向き、片づけアドバイスをするという、「片づけ」を完全に仕事にしてる分、かなり色んなことに説得力がある。
というか、読み終わるまでにものすご~く片づけしたくなってしまい、本を読み進めつつ、片づけしつつ、って感じでした。
ほんと今まで自分がやってきたのは、「片づけ」ではなく、ただの「収納」。
無駄に収納上手な分、物が多くても上手く片づけれてたんだと思います。
けどそれは「使わない物まで上手く収納している」という悪影響が。
物が増えるのは「勿体無いから置いておく」という理由が多いと思うけど、
こんまり先生は「使わない物を置いておくこそ、物に対して失礼」と苦言を呈します。
数回だけ着て、やっぱり気に入らないと押入れの奥にしまわれた服。
高かったし、また着るかも…と置いたまま数年。
日の目を浴びることなくカビ臭くなっていく服達を、そのままにしておく方が捨てるよりよっぽど「かわいそう」。
物を捨てる場合は必ず、物を買った時のときめき等を感謝しながら「ありがとう」と言いながら捨てましょう。
なるほど~と、こんまり先生はますます私への洗脳を深めます。
私は現在実家暮らしなので、自分の部屋以外にも中・高時代の服や物が散乱していて、全ての片づけで何と
ゴミ袋20袋以上 の物を捨てました。
もはや正確な数は覚えていません。
車でゴミ焼却所へ持って行ったのですが、普通車で3往復はしたと思います。
一番多く捨てたのが服。
初めは売りに行ったのですが、紙袋3袋くらいで200円という破格の値段だったので、それなら資源ゴミで出してリサイクルしてもらうことにしました。
これによってほぼ衣替えの必要が無くなった!(゚д゚)!
後は文房具や雑貨類。
CDは全てパソコンに取り込んで、本当にお気に入りだけ残す。(主にJAMとCaravan)
これがかなり時間かかった。何せCD持ちで100枚以上あったので;
途中で面白くなくなって読まなくなったマンガ本も、CD一緒に売りに行く予定で待機中。
一番面倒だったのは「思い出系」の写真。
この選別がやっぱりすごい時間がかかった;
人物が映ってるのはほとんど捨ててないけど、旅行とかで「何で同じ風景でこんなに撮っとん…;」的な写真はがっさり捨てました。
昔の使い捨てカメラで撮った、ピントがあってないのも結構捨てたなぁ~。
あと、専門学校時代に作った服やデザイン画。
これも迷ってたんだけど、とある人に「それを捨てられないのは、過去の栄光にすがっているんじゃ?」と言われ、またしても「なるほど!」と思い、全て捨てることが出来ました。
私は、デザイン画とかを見て「あ~頑張ってたなー」と思うならまだしも「あ~あの頃、画上手かったな~」という感じだったので、確かに言われた通りだったと思います。
学校で使っていた教科書や教材も「いつか使うかも」と、卒業以来開くことなく置いていたのですが、私の性格上、「いつか使う時」には「その時最新の資料」を買うであろうことが確実だと思い、それらも全て処分。
開かずの間も数年ぶりに開けられ、出てくる物、物、物に、「これは何か収納グッズが必要かも」と思っていたのですが、終わってみると、むしろ100均で買ったカゴやケース等が大量に余り、更にそれも捨てるという状況でした。
本にもそれは書いていて、むしろ便利な収納グッズは必要無し!というのが凄く良く分かった(;´∀`)
しかし、ちょこちょこしながらやけど、完全に終わるまで1ヶ月くらいかかった。
本読んでると、仕事してる人は大体3ヶ月~半年くらいかけてやるらしい。
片づけが終わって、こんまり流に忠実にポストカードなんかも飾ってみた。
P4093525.jpg
ポストカードも額も眠ってたやつ。
この片づけにかけたお金は、壊れたプラスチックの衣装ケースを買い替えたのみ。
一番上のはお母さんの友達が描いてくれた絵。
提灯みたいなのはタイのマーケットで買ったやつで、電気が付いてて光る。
P4093526.jpg
一人お祭り気分。
わっしょいわっしょーい!(∩´∀`)∩
これもタイで買ったクッションカバー♪
派手だけどお気に入りー。
P4093527.jpg
ポン・デ・ライオンも1箇所に集合。
P4093529.jpg
このキャラ、癒されすぎる。
後ろのセーラームーンフィギュアは…突っ込まないで?
猫雑貨も大集合。
P4093531.jpg
後ろの月猫と瓶(ビンタンビール)猫はバリで。
左のぬいぐるみは知る人ぞ知る「ドリームペッツ」。
詳しく知りたい方はググって下さい。
使わない物が詰め込まれていたため、めったに開けることのなかった引き出し。
片づけしてからようやく使い出した。
純和風な部屋にミスマッチだけど;
P4103534.jpg
一番下の段は手芸用品。
P4103535.jpg
ここは元々生地が入ってたけど、重ねて入れてたから、自分でもどんな生地を持っているのか把握してなかった;
使わない生地を潔く捨てて、こんまり推薦 「立てらせ」収納 にすると、生地の柄も一目瞭然!
テキスタイル好きの私は、用も無くここを開けて「ムフフ…?」と笑ってしまうのです。
もちろん服も全て「立てらせ収納」に変更。
本当にこっちの方がシワにならない。
マンガコーナー(一部)
P4093532.jpg
下段がほぼジョジョです笑
ジョジョリオンはネカフェで読んでしまったため、まだ揃えてません。
いらないマンガを売りきった後に揃ってないマンガを揃える予定。
ちなみにマンガは後この5倍くらいありますが、一応何とかギリギリ収納されてます;
こんまり流片づけ術は「絶対にリバウンドしない」らしい。
片づけ終わって1ヶ月経つけど、まだリバウンドは無しで部屋はキレイなまま。
ただ、1つ予想だにしなかった大変なことが…。
パソコンの中身まで片づけしたくなった。
まず、デスクトップとノートの2台のPCから使ってないソフトをアンインストール。
したら、音楽データの整理をしたくなって、タイトルやアーティスト名が付いてない曲の整理。
したら、写真データの整理がしたくなり…
写真データなんて膨大な量、いつ終わるん!?( TДT)
といった具合に、現在ちまちまと写真整理中;
まぁ旅中の写真も現像したいし、いつかはやらなと思ってたことやからいい機会なんだけど。
オーストラリア長かったのに、ネット環境今イチで全然UP出来てなかったから、写真整理しながらUPしようと思います。
う~ん、この記事こんな長くなる予定じゃなかったんだけど;
ちなみに私が読んだこんまり先生の本は以下の2冊。

by カエレバ

これは続編も出てます。→人生がときめく片づけの魔法2

by カエレバ

初めの「人生が~」の方が、基礎的なことが書かれてるのでお勧めかな。
一時流行った「断捨離」の人はまた別の人です。
その本も一応読んだけど、意外にこんまり流の方が私はしっくりきました。
またまわしもんみたいなことになった!
すっかり片づいて明るくなった部屋で唯一、もやっ としていることは、
この本を買った妹自身の部屋が未だ片づいていない
ということです。
が、頑張ってほしい…(;´∀`)

カテゴリー日本での日常