どっきどき☆インドで一番大きな恐竜パーク!(ウーティー)

朝6時。
ウーティーの町に到着。
コダイカナル同様、標高2,000Mだかの町なので、朝はひんやりしている。
でもコダイカナルより大きな町だなー。
P4044137.jpg 
宿探しが面倒くさかったので、またしてもマドゥライからお世話になっている同系列の宿(記事最後に詳細)にチェックイン。
ドミで340ルピーは高いけど、そんなに長居もしないだろうからよしとする。部屋きれいだし、ホットシャワーも出るしね。(この辺りで水はちょっとキツい。)
バスの中であまり寝られなかったから少し仮眠して行動開始。
さて、ウーティーには何があるのか。
確か持っている地球の歩き方に載っているはずだけど、マドゥライを出る際にバックパックの底に収納してしまったので、出すのが面倒くさい。
とりあえずGoogle Mapでも見てみるか・・・
と、目についたのが、
「THUNDER WORLD」
何それ!?
私のB級アンテナが完全に反応している!!!(;゚∀゚)=3
絶対面白い気がする~!!
というワケで、早速GO!
お目当ての場所は鉄道駅の近くだったから、宿からバスに乗って向かう。
一応ウーティーから乗れる「ニルギリ鉄道」は世界遺産になってるんだけど、ディーゼル車に乗れるのはその次の町からということで面倒になってやめた;
バスターミナルから徒歩数分。「THUNDER WORLD」の看板発見!!
P4044143.jpg 
インドで一番大きい恐竜パーク!?
一番大きい・・・というか、インドに他にもこういう恐竜パークがあるということの方が気になる。是非とも行ってみたい。
P4044144.jpg 
えー!
いろいろ何かのパクリっぽいけど、めっちゃ面白そうやん!
「THUNDER WORLD Ooty(サンダーワールド・ウーティー)」
P4044225.jpg 
ガラッガラッの入場ゲート到着。
やっぱB級スポットはこうでなくっちゃね!!(;゚∀゚)=3
え?入場料300ルピー(約540円)?
払う払う~~~!(;゚∀゚)=3
閑散とした敷地に何か音楽流しながらコロコロ転がってる人達がいるよ♪
P4044223.jpg 
こじんまりとしたテーマパークで、7ヶ所に分かれた室内空間に、何か面白いものがあるらしい。
①Third eye


P4044146.jpg 
これまたインドで一番大きなビンテージカメラ博物館らしい。
P4044176.jpg
 
ドイツ製や日本製等、古いカメラや映写機が保存されている。
私が今使ってるオリンパスのPENシリーズ、50年前はこんなだったのか~。
P4044152.jpg
 
えっ!?スパイカメラ?
P4044155.jpg 
マジでスパイが昔使ってたのかなぁ~・・・?
残念ながら英語で説明してくれる人はここにはいない;
世界で一番大きなカメラ。
P4044161.jpg
 P4044163.jpg
 
これで撮った写真はサイズも大きいのだろうか・・・。
何かよく分からん小部屋に入ったらこんなことに。
P4044172.jpg
 
周りがガラス貼りの部屋という子供騙しな感じだけど、写真を撮ると意外と面白い。
P4044173.jpg 
②My INDIA


P4044177.jpg
 
インドの名所の模型。
クオリティも低いし、大して面白いものは無い。
③BIG FOOT
P4044188.jpg
 
どうやらここが「インドで一番大きいダイナソーパーク」で、サンダーワールド一押しのアトラクション(?)らしい。
どれどれ・・・( ^ω^)
P4044189.jpg
 
うわぁ~!
B級感、ハンパな~~~い♪(∩´∀`)∩
雑然とした倉庫の中に置かれた恐竜の骨の模型達。この広い空間、もっといい感じに使えなかったのだろうか・・・と突っ込みたくなるのがB級スポットのあかし♪
確かに「BIG FOOT」だけれども足だけ飾っても・・・
P4044192.jpg 
そして、その倉庫の先には・・・
P4044195.jpg
 
恐竜パーク♪(∩´∀`)∩
恐竜がギャーギャー行ってる横で、インド人のお母様方が草抜きをしているよ♪
P4044196.jpg 
公園に点在している恐竜の模型は、横を通ると「ちょっとだけ」動いて「ギャース」と鳴くよ♪
P4044198.jpg 
何か食べてるぅ~。
P4044201.jpg
 P4044202.jpg 
ゴミ箱。
P4044199.jpg 
う~ん、いい感じのB級度♪
P4044204.jpg
 
④5Dシアター
P4044211.jpg 
こういうの入るの、昔行ったUSJのスパイダーマン以来かなぁ~。
ディズニーランドにもあったっけ?
前回コダイカナルで片目が見えないことで断念した「7Dシアター」。でも今回は料金に入ってるから見てみよう、と入場。
部屋は定員30人くらいのこじんまりとした部屋で、33歳の私の隣りには兄妹らしい子供が3人。シートベルトを締めて、それを念入りにチェックするスタッフ。
画像が流れ始めた直後。
ガタン!!


ガタンガタン!!!
あっ!荒い・・・!!
何ていうか、揺れ方が荒いっ(;´Д`)
イスの肘掛けには丁度手の位置に掴まる用の鉄の棒が付いているんだけど、本当にそれをぎゅーっと持っておかないと振り落とされるんじゃないかと思うくらい揺れる。
えー;日本のもこんな激しかったっけ?
画像はこういうのによくありがちな、自分達が乗ってる乗り物が変なとこ走りだす、みたいな感じ。片目見えないから多少ぼやっとしてるものの、結果、画面を見る余裕なんて無いくらい揺れるので、見えなかろうが関係なかった笑。
子供達ももはや揺れることだけで楽しんでいるとしか思えない。
しかし、まさかこんなところで子供達と一緒に爆笑するとは思わなかった。
というか、普通に面白かった(゚∀゚)


こんなことなら7Dも行っておけば良かったな~。
⑤RAIN FOREST
P4044215.jpg
 
また恐竜系ね~と思いながら、何の気構えも無しに入ったら、
ギャーーーッッ!!!:(;゙゚’Д゚’):
何とお化け屋敷の「恐竜バージョン」でした。
ほんと何も気構えて無かったからめっちゃびびった!!
でも、、、
私がしょっぱなでびびったもの↓
P4044212.jpg
縁日で売ってるおもちゃのヘビみたいなサイズ。
横からにょきっと出てきただけ。
し・・・知らなかったといえ、しょぼすぎるな、自分・・・( ;∀;)
でも知ったからにはインドのお化け屋敷なんて怖くない!
やたらギャースギャースうるさいだけで、出てくるタイミングも微妙だし、出てくるものもトラ・・・のぬいぐるみだったりするし。ウケるw
P4044213.jpg 
う、うぅ~ん・・・。
⑥HAUNTED HOUSE
 さっきの恐竜お化け屋敷の隣りのブース。
正面写真撮るの忘れたけど、こっちは明らかに外装で「お化け屋敷」というのが分かる。
実は私、お化け屋敷が苦手・・・なんだけど、子供の時以来入ってなくて、去年友達と「もぅこの年になると、多分お化け屋敷なんて行ってもキャーキャー言えんやろな~」なんて話してまして。
どうせしょぼいだろうし、大丈夫!と思って入ったんですよね。
ジャジャ~ン!!!


P4044216.jpg 

あ、うん。
大丈夫!!!(゚∀゚)
何かタイミングも遅いし、見えてるし!
と思って暗がりの中を進むと・・・
ギャーーーッッ!!!:(;゙゚’Д゚’):
そこに現れたのは、
普通の格好したインド人のおやじ。
出口が分からなくなったのか、ルートを逆走してきたらしい。
私 「ちょっとアンタ!何で前から来るん!?」
おやじ 「ソーリーソーリー!」


 「もういいから、アンタうちの前歩きなよ!!」
英語が分からず、きょとんとするおやじ。
入り口から出ようとするのを阻止し、無理やり引っ張って前を歩かせようとする私。
おやじも分かってくれたのか、何とか前を歩いてくれた。
普段ならおやじと言えどインド人男性と自ら暗い場所に行くなんて絶対あり得ないけど、私も相当テンパっていたのだと思う。
おやじから数歩離れてヨタヨタと歩いていたので、私が通る時にはお化けが完全に出て、引っ込んでいる。そのまま行こうとすると、おやじが立ち止まって、もぅ1回出るまで待ってくれる。
や、優しい・・・けど、1度見たもの見ても、もちろん怖くない;
結局お化け屋敷を出るまでその優しさは続き、じっくりお化けが出るのを見れました・・・。
出口を出ると、おやじの家族が待っていて、「え?何でお父さん外国人と出てきたの?」っていう雰囲気。
おやじが何か説明してクスクス笑われ、私も恥ずかしさまぎれにへらっと会釈してその場をそそくさと退散。
くっそー!!!;
インドのお化け屋敷なんて、どうせ
こういう顔文字→( ゚_ゝ゚)シラー
多様すると思ってたのに!!!;
してやられた。。。
いやいや、怖かったんちゃうよ?おやじがね・・・前から来るもんやから・・・!!!
気を取り直して最後。
⑤VORTEX


P4044220.jpg



ボルテックス・・・?
ポイの技の名前であるけど、どういうことだろう・・・と思い、ブース前にいるスタッフに「これ何?」と聞くと、
「イリュージョンよ!」
と一言。
イリュージョン!?何か面白そう!
と思って部屋に入ると、その部屋の中に土管を大きくしたような円柱の筒があって、更にその中に入る。
P4044219.jpg
いや何か、無駄に写真映えはするけど一番しょーもなかったかも(;´∀`) 
歩道が3mくらいあって、ライトを付けた壁がくるくる周ってるだけ。
一緒に入ったインド人も出口のカーテンをめくって、「あれ?これで終わり?」的な顔をしていた。
以上で終了。
いやいや、なかなか悪くなかったなサンダーワールド。意外と楽しめた!
敷地内の公園にあったワケ分からん銅像 ↓
P4044221.jpg 
「THUNDER WORLD Ooty(サンダーワールド・ウーティー)」
場所:North lake road, Ooty
鉄道駅、バスターミナル周辺から徒歩10分くらい。「ダイナソーパーク」と聞けば教えてくれる。
営業時間:朝10時から~閉園時間ナゾ
料金:大人300ルピー
※ブースごとの料金設定もある。
バスで来たので、帰りは徒歩で。
そんなに遠くもないし、何より暑くないからね~。
サンダーパーク近くのチョコ屋さんで、コダイカナルでは見なかったチョコを発見。
P4044229_2016041821410579f.jpg
「アーモンドアイズ」。
チョコの中にアンズみたいなドライフルーツが入ってて、真ん中がアーモンド。これ美味しくて結構食べてた。値段は店によってまちまち。
これもコダイでは見なかったクッキー屋さん。
P4044233.jpg


町の至る所にある。






クッキーの下のやつは量り売りしてたんだけど、数個だけ買って食べてみた。
  
P4044232.jpg
サクサクしてて、ちょっとしょっぱ甘い感じで美味しい!
ギー(インドでよく使われるバターオイル)で作ったお菓子とのこと。ショートニングクッキーのパイバージョンって感じ。そんなに甘くなくて、これまたチャイに合うなぁ~。
そしてこの辺ではチャイでは無く、普通の紅茶(ブラックティー)も濃い目で作ってくれるからまたいい。※インド北の方で注文した時は結構薄かった;
どこに行ってもお寺はある。
P4044236.jpg
お祭りの日らしく、人が多かった。
次回はまたしてもインドの激安ツアーに参戦!!(∩´∀`)∩♪ 
 

コダイカナルからウーティーへの行き方



夜行バス 約10時間40分 300ルピー(約540円)
コダイカナル(Kodaikanal)19:00発(20分遅れで19:20発)
ウーティー(Ooty)6:00着
※途中晩ご飯休憩で食堂で20分くらい停まる。
 

ウーティーの安宿

ウーティーの宿は駅周辺、メインバスターミナル、Periyar Chorkバス停付近(MAPS.MEで”Periyar Garden“があるところ)に沢山ある。
ユースホテルはこちら→http://www.ootyyouthhostel.com/(地図有り)
他にも「ユースホテル」という看板を見かけたので、インフォメーションセンターで聞いてみるのもいいかも。(駅前とPeriyar Chorkバス停横にあり
安いけど(ドミ200ルピー)場所が今イチだったので、以下の宿に ↓
P4044138.jpg
 P4044135.jpg
 
「Vedanta Wake Up!-Town Centre」
Ettines Road, Near Rose Garden, Ooty
http://www.vedantawakeup.com/
※HPはインドのクレカしか使えなかった。
(2016.4.4~3泊)
ドミトリー:340ルピー(約610円)Booking.comで予約。
ホットシャワー(お湯が使えるのは朝7時~9時のみ。お湯が出るのは遅く、バケツ2杯分待たないといけないけど、出たらかなり熱い。)
WIFI無料(部屋で使用可能。速度はかなり早かった)
行き方:Periyar Chorkバス停から徒歩数分。宿は最近出来たらしく、昔のホテルの名前「SAPPHIREPAR」(←スペル微妙;)の方が通じる。


P4074472.jpg 

   
カテゴリー

この記事を書いた人:

カテゴリ