南旅館への行き方 2016’(ビシュケク)

ビシュケク南旅館

現在私が泊まっているビシュケクの日本人宿「南旅館」。場所自体は簡単なのですが、看板も何も無く住宅街に紛れ込んでいるので、近くまで来てるのにも関わらず迷ってします。もちろんタクシーに「南旅館まで」なんて言っても通じません。「警察に認可はとってるが、有名になり過ぎると超過金を取られて宿代も上がるから大っぴらにはしないように」的なことを宿にある張り紙に書いていました。そういう理由からか看板等は出してないようです。

【南旅館】
住所:8-й микрорайон ,южные ворота , д.31кв.22
電話:(+996-312-) 572623(ロシア語)
MIXドミトリー:350ソム
WIFI:無料(高速。動画も普通に見れる。ただ相性が悪いPC、スマホもあるようで、その場合はルーターの線を一度抜いて数秒待って接続すると普通に使えます。)
チェックアウト:12時
荷物は預かってくれますが、カギを返して自分も外に出なければいけません。(なぜかこの辺は厳しい;)カギが無いとマンションにも入れないので、荷物を取りに行く時間帯、宿泊客の誰かにいてもらわないといけません。精算はなるべく前日までに。
※ドミは5ベッドと4ベッドの2部屋。キッチン、冷蔵庫使用可能。本も沢山あるけどちょっと難しい本が多い。近隣国の歩き方、ロンプラ、情報ノート有り。
※マンションはオートロックなのでカギは1人1個ずつもらえますが、絶対に無くさないように、と念押されます。無くすと全員分のカギを作りなおし、その金額ももちろん自分負担です。
(2016.5.24~15泊)

↓ドミ部屋(ちょっとベッド荒れてますが)

P5258401.jpg

 

↓共同スペース

P6078585.jpg
(映ってる人:インドで会ってここで偶然再会した旅人さん2人。)

 

★入国前に南旅館の位置をMAPS.MEやGoogleMapで保存しておきましょう。
(GoogleMapも町ごとにオフライン地図をダウンロード出来ますが、有効期限は30日間です。更新することで延長出来ますが。)

南旅館の場所↓

※南の赤いポイントが南旅館の場所。緑がマルシュの乗降場所(ここ以外でも乗れますが)。黄色が目印。

 

★入国前に「BUS.kg」のアプリをダウンロードしておきましょう。

とにかくキルギスでは「マルシュルートカ」というバン型の乗り合いバスをかなり使います。このアプリは乗り場と降り場をタップすると、そこを通るマルシュルートカの番号を割り出してくれます。近距離を走るマルシュはどこで乗り降りしても10ソム(約16円)と安く、路線も本数も多いのですごく便利。

GPS機能が使えるスマホであれば、現在地も分かるという優れもので、オフラインで使えます。(機内モードはOFFにした方がいいかも。)

↓ BUS.kg
http://bus.kg/

 

★南旅館への行き方★
空港からは空港出てすぐ右手前に泊まっている380番のマルシュで市内まで(約50分・40ソム)市内の「Osh Bazaar(オシュ・バザール)」近く「Chuy Ave」という通りに降ろされます。

そこでGPSが使えればMAPS.ME等で南旅館の位置を確認し、「BUS.kg」で検索すればOK。市内の渋滞具合によりますが、南旅館まで30分前後。

私はGPSが反応しなかったため現在地が分からずマルシュを断念;キルギスの公用語はロシア語とキルギス語で、普通の人は英語は全く通じません。通じる人を見つけたらかなりラッキーです。

結局タクシーを使ったのですが、タクシーのおっちゃんも場所を探すのに一苦労でした。(一番近い目印の場所まで来てるのにそこからが分からない)市内が渋滞してましたがマルシュを降りた場所から40分くらいで到着。ちなみにタクシーでの始めの言い値は250ソムで、180ソム(約280円)まで値切れましたがそれが安いのか高いのかは未だによく分かりません;(←現地在住の方より「ちょっと高いかな?という感じ」とのご指摘がありました。実際もっと安いようです。)

↓一応オシュ・バザールからのマルシュの番号はこちら。

Screenshot_2016-06-05-16-29-15.png

BUS.kgの画面↑

緑マークが出発地、赤マークが目的地。右に出てるのが目的地近くを通るマルシュの番号で、番号をタップするとマルシュのルートが出ます。目的地「近く」のものがPICKUPされるので、実際には目的地を通らないものも含まれます。必ず番号をタップして、ルートを確認しましょう。
GPS機能も付いているので現在地も分かるという何と便利な!GPSさえ反応してくれれば現在地と目的地をタップするだけでどのバスに乗ればいいかすぐ分かります。

私のようにGPS機能が反応しなかった方のために、記事始めのGoogleMapで近そうな乗り場をピックアップしておきました。「Chuy Ave」の通りのバス停からは132番か215番のマルシュで行けます。
「Chuy Ave」から1本南の通りからは103番と199番のマルシュで行けます。

まぁマルシュはバス停じゃなくても手を挙げれば乗せてくれます。乗車時にお金を払うので、乗る前に10ソム用意しておきましょう。
※上のアプリ画面に出ている「T10」というのは、トラム(路面バス)10番なのですが、時間帯によって本数は少ないようです。(1時間待っても来なかったという話を聞きました。)

※「マルシュ103番」は近くへ行くのですが、目印となるレストラン「MANHATTAN」の前を通らずに直進するので、初めての場合はそれ以外の番号に乗った方がいいかも。乗り場さえ分かれば199番がルート的に分かりやすそうですが、利用していないので何とも言えません;
自信が無い方は素直にタクシーを使いましょう(゚∀゚)

西バスターミナルからは132番のマルシュ1本で行けます。約40~50分・10ソム。注意するのは132番のマルシュはバスターミナルの前の大通り沿いのバス停ではなく、バスターミナルの中から発着します。132番のマルシュが沢山停まっている駐車場があります。

乗り場が分からなければこの写真を見せると何とかなるかも↓

P6138948.jpg

 

~バスを降りてからは近道もありますが、一番分かりやすい道順を紹介します。~

南旅館の目印はこちら!↓

P6058552.jpg

レストラン「MANHATTAN」

このレストランが無ければ、一生南旅館に辿り着けない気さえします。この店の前の大きな道路を挟んだ向かいの道が南旅館がある団地へ続く道です。
タクシーなら住所とこの画像を見せれば多分ここまでは行けると思います。

マルシュなら、さっき書いた103番以外はこのレストランの前を通ります。BUS.kgを見て頂けると分かりますが、最後に曲がってすぐ、降車場所のバス停があるので、最後に大きな交差点を左に曲がったらすぐ降りて下さい。ただ、マルシュはバス停以外の場所でも乗り降り出来るので、降り過ごした場合、すぐにこの「MANHATTAN」が右手に見えるので、MANHATTANが見えてから降りてもOK。ただ、マルシュは外の景色が見えづらいので、必ず進行方向右手をずっと見ていて下さい。
そしてここからがまたややこしい。

マンハッタン前の大きな道路を渡って、向かいの道に入ると黄色っぽい団地がある。

P6058559.jpg

団地をくぐって左手側に「31B」↓と見えたら左へ。

P6058565.jpg

曲がって2つ目の扉。表札に「16-25」と書いているところへ。

P6058567.jpg

こう書くと簡単なんですけどね。私は「マンハッタンは見つけたものの、そこからこの団地を見つけるのに苦労した」ので、もうね、動画をUPしちゃいますね。何て優しいんだ私。え?何?暇じゃないですよ?物凄く忙しいですよ!いちごタルト買いにいかないといけないし!

でもスマホで見る時の画像サイズ変換の仕方が分からない・・・;見づらくてすみません。

↓初めてでも迷わない!南旅館への行き方(動画)

無事「16-25」の扉の前まで辿り着いたら「2・2・K」と押して、誰か出たら「ツーリスト」と答えて下さい。しかしながらこの番号は結構変更されることがあるようです;(この前は2・2・4・Kでした。紛らわしい。)

扉が開いたら4階の22番でまたチャイムを鳴らして「ツーリスト」。

もし暗証番号が変わってたりで住民の人と一緒に入って22番のドアまで来てしまった場合、チャイムを鳴らして、大きな声で「ツーリスト」プラス日本語で「日本人です」と言って下さい。なぜなら現在、管理人が不在の場合が多く、宿泊客は知らない人は入れないことになっているので、日本人と分からないと出られません。
私は住人の人と入って扉の前でチャイムを鳴らしただけだったので、なかなかドアが開かず「もしかして営業してないんじゃ?」と不安になりました。その後「すみませ~ん!」と日本語で言うと扉が開いたのですが。

「あっ!?しほさん!!」

あれ・・・?
うち、ちゃんと飛行機乗ったよなぁ・・・?

扉を開けてくれたのが、インドの日本人宿サンタナで管理人をしていたしょうきさんでした!

ようやくインド離れたのにまたインドの宿に戻ってきたような感覚を受けてしまいました。くそぅ・・・しょうきさんめ!しょうきさんは管理人を卒業してようやく世界一周再会したようで。

マニアックな場所を好むしょうきさんのブログはこちら→世界一周ローカル旅
バングラでロケットスチーマーも面白いけど、何よりインドにおかんが来た記事がウケたw一人で、しかもインドに来るなんて凄いな~。

世界一周西まわりだと、インドからは航空券の安いUAE(ドバイ)、次に航空券の安いここキルギス周辺に飛ぶ人が多いんですよね。
よって、この南旅館では、しょうきさん以外にもインドのハンピで会った人3人にも偶然再会することが出来ました。内2人は「おみそれ夫婦」。(ハンピでの記事)
ワンピースを1日1話ずつしか読めないたくろうさんに、データを持っている私は「どうします?うつします?」と聞きましたが「いや、いいです・・・って言う言葉を期待してるんでしょ!?」と返されました。うん、期待してたっ!(゚∀゚) 結局彼は今も1日1話ずつワンピースを読み続けています。

「しほさんがワンピースのデータ持ってること、後からブログで知ってめっちゃびっくりしましたよ~!!」
この時ようやくCP9の裏が明かされているところでかなり真剣に読んでました。頑張れ!

今までは同時期くらいに世界一周に出た人には、毎回先を越されてその後再会するようなことは無かったけど、今回はなかなかいい調子。
そんなこんなの南旅館。
市内からは遠いものの、大きな公園やマーケットやスーパーもあるし、緑に囲まれた団地なのですごくダラダラのんびり出来ます。公共料金値上げのため宿代が6月10日から50ソム上がって350ソム(約560円)になりましたが、市内の宿よりまだ安い。
大使館などある市内まではマルシュ1本(約15分)で行けます。
ちなみに現在市内にある「さくらゲストハウス」(HP)が550ソム、「ドスゲストハウス」(HP)が400ソム(朝食付き)です。さくらはめっちゃ綺麗、ドスは朝食付き、等など南旅館より高い分メリットもあります。

南旅館値上げの時、ヌルダンさんは「350」お母さんは「400」と親子対立していたのですが、結局ヌルダンさんが自分の誕生日に「僕の誕生日プレゼントとして350にしてほしい」という交渉術で350に留まりました。自分には何のメリットもないのに何ていい人~!400だったらみんなドスに流れてたかもな~;
その代わり部屋やキッチンをきれいに使うこと、というのが条件だったのでみなさんきれいに使いましょう♪こちらが客と言えど、お母さんはもぅ70過ぎなので色々大変なようです。
お母さんは英語・日本語が通じません。
ロシア語で「こんにちは」は「ズドラストヴィーチェ」、「ありがとう」は「スパシーバ」、それくらいは覚えてお母さんとコミュニケーション取れれば、お母さんも喜ぶ・・・はず?

最後に、この「南旅館への行き方」は実際同じ時期南旅館に泊まっていた人への聞き込みも含めて作りましたが、間違っている部分があればご報告お願い致します(´∀`;)
更に暗証番号が変わった場合、ご報告頂けるとすごく嬉しいです。
ちなみに私が行く時はOGGYさんのブログを参考にしました。(無断リンクすみません!)とりあえずタクシーのおっちゃんに住所とMANHATTANの写真を見せると何とかなったものの、MANHATTANから入る道が分からずタクシーに乗ったままウロウロしました;(この部分はぜひ動画で見て下さい。)

~治安情報1~
基本的には治安は良さそう。アルコールOKな国なので、夜の一人歩きはどうかと思いますが。
バザールやマルシュルートカ等、混んでいる場所はスリが多いです。リュックを開けられた人もいるので、混んでいる場所ではリュックは前に!

キルギスに限らず、2016年6月現在ラマダン(断食)月はISがテロ声明を出しています。今年のラマダンは6月5日~7月5日まで。今の時期ヨーロッパや過去テロがあった国は気をつけた方がいいと思います。

キルギスはニセ警察官が多いです。パスポートもしくはパスポートのコピーは必ず携帯しましょう。私が南旅館に泊まっている間にも何人かパスポートの提示を求められ、内1人はカバンの中身までチェックされました。ニセ警官は、パスポートを見せろと言って、パスポートを渡すと、お金を渡さないと返してくれなかったりするようです。カバンを探って金目のものを盗んだり。
本物の警察官は制服+大きな帽子ですが、ニセ警官は基本的に私服なので、パスポートを渡す前に彼等のIDを見せてくれるように言いましょう。渡すのもコピーの方がいいかもです。

~治安情報2~
英語が通じないので現地の治安情報が入りにくいかもしれません。私は旅に出る前に外務省の「たびレジ」に登録しています。「簡易登録」だと、パスワード無し、メールアドレスの登録のみなので簡単。自分の気になる国を登録すればその国のより細かい情報がかなりリアルタイムでメールがきます。インドでは「○日はパキスタンとのクリケット戦があるので気をつけるように」等など多くのメールを受け取りました。いちいち外務省のHPにいかなくていいので結構楽。選んだ国はいつでも変更可能です。
たびレジ→https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

あと、アプリも便利。GPSで今いる国の情報を出してくれます。(が、そこからジャンプするのは外務省のHP)ただその国の緊急連絡先(日本大使館など)の電話番号もすぐ見れるのでまぁ入れておいてもいいかな、って感じです。
外務省海外安全アプリ
iPhone、アンドロイドでも使えます。

それでは楽しいビシュケクライフを!
ビザ取り頑張りましょう・・・( ;∀;)


海外旅行


イモトのWiFi


bali

カテゴリー

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ