とりあえず観光してみよう。(リンベ)

ナイジェリアから無事カメルーンに入国し、「リンベ(Limbe)」という町に到着。カメルーンは一応フランス語圏だが、この町はかつてイギリスの宣教師が開拓し、イギリスの飛び地となっていたからか今でも英語を話せる人が多かった。後で調べるとリンベ周辺のみ公用語は英語とのこと。
通貨は「ナイラ」から「セーファーフラン」に。
ベナンまでもセーファーフランが使われていたのだけど、これは呼び名が同じだけで通貨自体は別物なので互いの国で使うことはできない。レートは同じだけど、ベナンのフランをカメルーンで両替するとレートは通常の半分くらいになるらしい;
【CFAフランを扱う国】
ベナンまで→通貨コード:XOF(西アフリカ諸国中央銀行発行)緑
カメルーンから→通貨コード:XAF(中央アフリカ諸国銀行)赤
cfa.png
ナイジェリアの少額紙幣はプラスチックに移行されていたけれど、セーファーフランは紙。色もカラフル。
P7071428.jpg
裏。
P7071429.jpg
ただこれは綺麗なものを写真に撮っただけで、大体においては茶色くくすんで色がよく分からなくなっている。
当初の予定ではリンベからも遠くない富士山よりも高い標高4,000mの西アフリカ最高峰「カメルーン山」を拝もうと思っていたのだけど、ここ最近ずっと雨が降り続いている。ロンプラでは雨季は明けているはずなのだけど、毎日降るので山裾すら見えず。
宿の人曰く、晴れていればこの町からでも見えるとのことだけど、この分では近くの町まで行っても無理だろうと思い、仕方無くリンベの町をぶらぶらする。
町を走るバイクタクシーの雨対策。
P7071340.jpg
ちゃんと乗客も濡れないようになっているのが何か親切。
町中は交通量もまぁまぁあるのだけど、道路を渡ろうとすると車がある程度速度を緩めてくれるのに感動した(止まりはしない)。これはナイジェリアでは絶対無い。ナイジェリアという国は車の切れ目で人が渡ろうとしてもそのままの速度で突っ込んでくるので、みんな命がけで走って渡る。カメルーンに入りもぅ命がけで道路を渡る必要も無くなった。
カメルーンと言えばサッカーしか思い浮かばない私。
宿のすぐ前にあるグランドでは毎日1日中サッカーの練習がされていて、あぁやっぱりカメルーンだなどと思う。
P7071426.jpg
近くの市場。
P7071432.jpg
よく売られているトウモロコシとプラム。
P7071430.jpg
トウモロコシの実は固くてあまり美味しくない。
プラムは3つで100フラン(約20円)。このなすびを小さくしたような紫色のプラムは英語で想像する「プラム(すもも)」とは程遠いシロモノで、中身は緑色で柔らかく、もったりしていて熟したアボカドをちょっと酸っぱくしたような味でまぁ、、、まずい。実よりも種が大きく、焼かない方が美味しいんじゃ?と思うのだけど、現地の人には人気でみんなよく買って食べている。
焼き魚とミヨンド。800フラン(約160円)。
P7061335.jpg
リンベは海沿いの町なので、屋台やレストランの軒先で炭火焼きされた魚もよく売られている。何の魚か分からないけど結構脂のってるな~と思っていたら、焼きながらハケでたっぷりと油を塗っていた;「ミヨンド」は、ヤムイモを練ったものを笹の葉のようなものでくるんで蒸したちまきのようなもの。もちもちしていて発酵させているのかちょっと酸味もある。
魚以外にも炭火焼き焼き鳥屋台も多い。
ただ鳥よりも牛が一般的で、ピリ辛の香辛料につけて食べるんだけど、意外とこれが美味しい。ネギマのように間にピーマンや玉ネギを挟んであるものもあって、1本100フラン(20円)と安いのもいい。
商店なんかで売られているヨーグルト飲料。
P7071339.jpg
パッケージが可愛くて買ったけれど味は;バニラ飲料ヨーグルト風味、といった感じ。
あんまり興味も無かったけれど暇なので動物園も行ってみた。
P7071406.jpg
「Limbe Wildlife Center」
入場料:3,000CFA(カメラ代込)
ここでは保護した動物(主にゴリラ系)を自然と同じ環境で育て、野生に戻す訓練をしているらしい。
動物園というか、、、森の中に檻があるという雰囲気。
P7071343.jpg
某TV番組のせいでゴリラが原西にしか見えない・・・。
 P7071347.jpg
チンパンジー。
P7071348.jpg
なぜみんなしてそんな不安定な場所に座っているのだろう。
P7071350.jpg
マントヒヒ?かな?
P7071372.jpg
お尻がカラフル!!
P7071380a.jpg
P7071390.jpg
P7071397.jpg
うーん、行く前から分かっていたことだけど、ゴリラとサルにあんまり興味が無いから全然面白くないなぁ・・・。
唯一面白かったの↓
P7071400a.jpg
人間のようなダラけ方をするゴリラ。まさか原西?
そしてなぜか最後に1頭だけいたシカ。
P7071404.jpg
微動だにせずこちらを見るので最初写真パネルかと思った。
近くにあった植物園も行ってみた。
P7071422.jpg
入場料:1,000CFA
カメラ代:2,000CFA
ガイドをつける場合:+1,000CFA
ただただ木があるだけで花も無い。
撮るべきものもほとんど無く、完全にカメラ代損した。
P7071416.jpg
P7071417.jpg
P7071414.jpg
唯一ちょっと熱帯雨林っぽいところは良かった。
P7071421.jpg
リンベの海。
P7071423.jpg
海にあるのは石油を掘るやつ。リンベには海底油田がある。
P7071424.jpg
郵便局。
P7071409.jpg
郵便局自体の絵が切手になっているというのは初めて見た。ありそうで無いなぁ。
P7071408.jpg

リンベの安宿

P7061333.jpg
P7061332.jpg
「Bay Hotel」(ロンプラ掲載)
74678084
Off Makangal Street.
シングル:8,000CFA→2泊交渉で6,000CFAに。
設備:水シャワー、扇風機
その他:周辺がバーやディスコ街で深夜(早朝まで?)ガンガン音が鳴っている。「King Williams Square Hotel」はシングル8,000でWIFI有りと言われたが繋がるのかは怪しい。
行き方:町の北にあるバスターミナルからシェアタクシーで約10~15分、250CFA。ロータリー近くの「KING WILLIAMS SQUARE HOTEL」(←シングル7,000CFA、WIFIありと行っていたが怪しい)左の未舗装の道に入って右に曲がった突き当り。「Half Mile」からは徒歩5分くらい。
宿泊日:2017.7.6~2泊
リンベ宿
※宿の近くのインターネットカフェは1時間200CFA。結構混んでいるが、回線は速め。

カテゴリーカメルーン