漁村の風景(プリー)

サンタナロッジから徒歩数分のところに漁村があります。
漁村への道。
DSC_0003.jpg
ツーリストエリアとはうってかわって、人々の日常生活が垣間見れます。
DSC_0117.jpg
あっ!ねこさん!(*´∀`*)
DSC_0120.jpg
あっ!ねこさん!(*´∀`*)
DSC_0133.jpg
DSC_0123_20160316172258229.jpg
漁港到着。。。
DSC_0128.jpg
やっぱり牛はいるのね。
未だかつて見たことないくらいの汚い海(;´Д`)
DSC_0129_20160316172302604.jpg
正に「インド人いるところにゴミあり」。
君、それ捕ってきたの・・・?w
DSC_0125.jpg
汚い海辺を歩いていると、その辺でうだうだ暇そうにしている漁師らしき集団に「ハ~イ!ジャパニ!カムカム!」と呼ばれる。
で、こっちもヒマだからいざ行ってみると、そのまま放置。
何もないか~い( ̄ー ̄;)
まぁ向こうも英語話せない、私もヒンディー語話せないので仕方無いんだけど、ならなぜ呼ぶんだろう・・・?ナゾすぎる。
町中でも「ハロー」「ハワユー?」などと沢山挨拶してくれるけど、日本人がこの地の来だして数十年も経つはずなのに、未だにこの新鮮さはなぜなんだろう・・・?
また漁村に戻る。
DSC_0139.jpg
海側はヤシの葉?で作ったような集落が多い。
DSC_0140.jpg
DSC_0131.jpg
「フォト!フォト!」と言うから撮ってあげたら、「ペン!ペン!」「チョコレート!」ときたもんだ。何で頼まれて撮ったのに更に物をあげないといけないの!w
更に違う場所で、ここではしきりに母親が子供達を撮ってほしいとジャスチャーで伝えてきた。
DSC_0154.jpg
撮った写真を画面で見せると、家の奥にいるお婆さんに見せに行ったりで大はしゃぎwww
ここでは物を要求されることもなかったので、言われるがままに写真を撮ってあげた。スマホしか持って無かったのが残念すぎる;
DSC_0146.jpg
DSC_0155.jpg
フルチンの男の子もいたけど、女の子は銀のお皿みたいなので隠しているのが面白い。
DSC_0166.jpg
ここの家の壁のように、インドの家は各家庭でいろんなペイントがされてて可愛い。
DSC_0115.jpg
DSC_0116.jpg
DSC_0118.jpg
漁村を後に、町の戻ると道路脇にいつもはない櫓のようなものが建っていた。
DSCF2212.jpg
こういうのがあると身構えなければいけない・・・。
大抵お祭りか結婚式で、オールナイトで爆音を流しまくるのである・・・(TдT )
DSCF2209.jpg
今回はお祭りっぽかった。
DSCF2213.jpg
私が泊まっていた宿はここから数百メートル離れているのに、事もあろうかどデカい拡声器まで使って流す音楽は一晩中・・・どころか、二晩まるまる続いて私を悩ませた。(しかも拡声器がちょうど宿の方向に向いている;)
どんだけデカい音かというと、部屋の中にいてもクラブの中にいるのかと思うくらいの爆音。
これは結婚式の日に奥さんのところへ向かう新郎。馬車に乗っている。
DSCF2314_20160316174525b39.jpg
う~ん、衣装もマハラジャっぽい(´∀`)
DSCF2316_20160316174518ca6.jpg
そしてプリーに来て丁度1ヶ月。
ようやくこの宿を出る決意をした私。(なぜ1ヶ月もいたのかは次の記事にて)
お気に入りの宿の屋上。
DSCF2319.jpg
DSCF2317.jpg
(ちなみにこの茶色いグランドは朝通ると、現地人のウンチングポイントとなっていた。かなり広い公衆トイレだなぁ~。)
DSCF2320.jpg
宿のみんなとの時間はすごく楽しかった!
DSCF2321.jpg
あまりにやること無くなって最終的に麻雀教えてもらうことになろうとは・・・笑。あがれんけど;面白かった!
「海外に出てまで日本人宿で日本人とつるむなんて・・・」と思う人は多いと思うし、それも分かるけど、私は今まで海外で「日本にいたら絶対出会うことないだろうな~」という日本人に沢山出会えたし、そこから学ぶことも多かった。
結局どういう宿に泊まろうが、何人だとか関係無く、海外でしか出会えない出会いは多いということだと思う。
・・・って書くと言い訳っぽいかな~(;´∀`)
とにかく、プリーから何と次は!
コルカタに逆戻り~!!!( ;∀;)
まぁ今までの記事を細かく読んでくれている人には理由がお分かりになると思いますがw;
それではまた!

カテゴリーインド