パプアニューギニアMY情報ノート

パプアニューギニア

パプアニューギニアMY情報ノート(2012.7.25の情報です。)

パプアニューギニアの情報源は「Lonely Planet(ロンリープラネット)」
なかなか新しいバージョンが出ず、情報がかなり古くなっていたが、2012年9月、ようやく改訂版発刊!

 
 
ネット上で日本語で見れるのは、「パプアニューギニア政府観光局」のホームページ。意外とちゃんとしていて驚く。

 
 
と、大した参考にならないこのブログです笑。

空港にツアー会社兼観光案内所的なものが1件。大きなリゾートホテル等ではツアーを予約出来ますが、かなり高いです。
民族衣装やシンシン(民族の踊り)を見られるのも、お祭りかツアーのみです。

 
 
[インドネシアからパプアニューギニア陸路国境]

インドネシア(ジャヤプラ)から、パプアニューギニア(ヴァニモ)の陸路国境、パプアニューギニアのビザ情報はこちらの記事から。

インドネシア→パプアニューギニア陸路国境・ビザ情報(詳細)

 
 
[航空関係]
・国際空港は首都のポートモレスビーのみ。
・航空会社はAir Niugini(ニューギニア航空)とAirlines PNG(エアラインズ・ピーエヌジー)の2社。と最近出来たのがTravel Air(トラベルエア)。

★追記★2019年現在、エアラインズ・ピーエヌジーとトラベルエアは運航されていません。

~2019年現在運行中のパプアニューギニアの航空会社一覧~
Air Niugini(ニューギニア航空)

Air Niugini(ニューギニア航空)★日本語サイト★
↑ 運行スケジュール表が分かりやすい!

Hevilift(ヘヴィリフト)

PNG Air(ピーエヌジーエア)

 
[ビザ関係]
・ビザ…必要。60日間有効のアライバルビザが空港で取得可能(K100)。イミグレ前にATM有。
・インドネシア(ジャヤプラ)でのビザ取得方法はこちらの記事から。

インドネシア→パプアニューギニア陸路国境・ビザ情報(詳細)

 
 
[両替]
ポートモレスビー空港内に両替所(銀行)、ATM有り。
空港出てすぐANZ銀行のATMもあるが、私はここでカードを飲み込まれた;翌日また来いと言われたが、今から飛行機に乗らないといけないから急いで!と言うとすぐ対応してくれた。出来るなら初めからやれよ・・・(´Д`)

 
 
[治安]
良くは無い。首都のポートモレスビーは特に。市内中心部の宿は昼なのに、徒歩5分の場所でもタクシーを使えと言われた。中心部は結局動きづらいので、中心部を避けて泊まるか、早々に違う街に移った方が無難。
どの街もだいたい夕方5時以降は出歩いてはいけない。

 
 
[言語]
ピジン語が主流。英語も共通語とはなっているが、学生以外には通じにくい。TVは英語だが、TVがある家庭が少ない。

 
 
[物価]
宿も食べ物も航空券も高い。

 
 
[Port Moresby]
・ポートモレスビー空港~市内
PMV(公共バス)が運行。
空港発の流しのタクシーは、強盗の危険性があるので絶対に避けること。信頼出来るタクシー会社を使う。下の2社は空港に置いてあるパンフレットにも載っている大手タクシー会社なので、比較的安心。

Ark Taxi 323 0998

Scarlet Taxi 323 4266

 
 
[Kimbe(West New Britain島)]

kimbe_20120913232046.jpg

・キンベ(ホスキンズ)空港~市内
飛行機到着時間に合わせて、市内行きのPMVがあったり無かったり。(約30分・K5~6)
流しのタクシーは無いので、バスが無ければ市内方面に行く人に乗せて行ってもらう。空港職員に聞けば、安全そうな人を選んでくれるかも。市内から空港へはマンシンゲストハウス近くのバス停から8番PMV。

・観光スポットに行くには車が必要。レンタカーはあるが、高い。マンシンゲストハウス、その他リゾートホテルでツアー予約可能。

 
 
[Kokopo(East New Britain島)]

P72743172.jpg
(↑クリックで大きい画像で表示されます。)

・ココポ空港~市内
9番PMVの「Tokua」行きで、ココポマーケット(もしくは、アンダーソンスーパーマーケット)で降りればそこが市内中心部(約15分・K2)。
平日は頻繁に運行するが、日曜は少ない。
市内から空港まで、PMVが運行していない時間帯(朝・夜)は「ココポビーチリゾート」でTAXI予約可能。(K66)

・観光地化されていて、市内は8番バスが常に周っている。
距離に関わらず1回T70。

ブナカナウラバウルにもここからPMVで行ける。

 
 
[パプアニューギニアの祭り]
4月:National Arts & Craft Exhibtion(POM)
6月:Madang Festival(Madan)
7月中旬:Warwagira & National Mask Festival(Kokopo)
※2012年7月13日~17日:Warwagira
    7月18日~21日:National Mask Festival
8月:Hagen Show(Mt.Hagen)
  Mona Festival(Buka)
9月:Goroka Show & Coffee Festival(Goroka)
  National Gramut & Hambu Show(East Spic)
   Hiri Moale Festival(POM)
10月:Morobe Agriculture Cultural Show(Morobe)
11月:National Kundu & Canoe Festival(Alotau)

 
 
[食べ物・アルコール]
一般家庭で食べられているのはココナッツで煮たイモ・魚・バナナと米。バナナの葉に包んで蒸したイモ・魚・バナナと米。豚や牛は高級品。
「Kai bar(カイバー)」と呼ばれる食事処では、魚、イモ、チキン等のフライが比較的安く買える。高いが、マック的なジャンクフードもある。缶ビールは高く、6パックで24K(960円)くらい。

 
 
[人柄]
良い。タクシー以外はぼったくるようなことは無い(タクシーも「高い!」と言えばすぐ値下げする笑)観光客慣れしていない人も多く、外国人に興味津々!

 
 
[ネット環境]
WiFiがある場所は非常に少ない(無い?)ので、インターネットは基本的に使えないと思っておいた方がいい。
モデムを買えば出来るが、値段は高い上にPNG全土でインターネット速度は非常に遅い。メールチェック程度なら対応出来るが、航空券購入となるとすぐ消化するので、入国前に購入しておくか、現地航空会社で直接買う。ココポにはネットカフェが1軒ある。

 
 
[個人的見どころ]
パプア人そのもの。

 
 
[パプアニューギニアの宿]
宿情報はこちらからの記事から。

パプアニューギニアの宿情報

 
安宿は少ない、というか無い。上に高い。1泊4千円の所が見つかればかなりラッキー。ダイビングでは有名なので、ダイビングスポットにはお高いリゾートホテルがある。


海外旅行


イモトのWiFi


bali

カテゴリー

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ