オーダーメイドのかばんを作ろう!(ポカラ)

ポカラで出会った日本人女性Yさんに見事に触発され、「ネパールでは買い物をする!」と決めた私。とりあえず買ったものはカトマンズかインドで郵送しようと思い、荷物になることは気にしないことにした(・∀・)
日本へ郵送するのもそこそこ高いので、ベトナムやラオスの雑貨天国でも我慢した私がここで買い物にふみきったのは、雑貨が安い・可愛い・クオリティが高い、ということと、
ポカラで見た 綿織物のかばん のせい。
これがまたデザイン豊富で可愛いんですよ~(*´∀`*)
今まで行ったアジア圏でもこういうのは見なかったし。
始めは麻のリュックを買おうかと思ったんですが(←これもデザインいいものが多い)、麻製品って日本だと夏しか使えないな~と現実的なことを考えてしまい; 何か他に無いかなぁと見ている内にこの綿織物に目が止まりました。
ポカラを歩いていると、「Women’s~(Skill等)」と書かれた綿織物のかばん屋さんを見かけます。
ネパールでは女性達が染色や織物の技術を身に付け、自立を目指すことを支援する団体があります。そういった団体の力を借り、更にフェアトレードで販売しているのが、この「Women’s~(Skill等)」と書かれた看板があるお店です。
※フェアトレードとは?・・・公正取引。発展途上国で作られた作物や製品を適正な値段で生産者から直接購入・販売することで、生産者の生活改善・自立を支援する。
私も日本のスーパーでフェアトレードのコーヒー豆は見かけたことがあります。フェアトレードの商品にはこういう↓マークが付いています。
images_20151212233110845.jpg
(※マークはこれ以外にも色々あります。)
まぁフェアトレードがいいかと言えば、そうでない場合もあるようですが、ここでその議論は置いておいて。
ポカラでフェアトレード商品が買えるお店↓
PC071072.jpg
「Women’s skills development organization」
ここはメイン通りに2店舗あって、デザインも良かったです。値札も付いて明瞭会計。
ハラン・チョークから北に行って右側にある店舗が品揃え良かったです。
結構ちゃんとした構えの店が多かったので、さぞかし高いのだろうと思って、最初は入りすらしていなかったのですが、かばんが1,000円前後と安くて驚きましたΣ(゚Д゚;)
他のお店も置いているアイテムは大体同じで、綿織物で作られたカバン・ポーチ・ぬいぐるみ等を売っています。
メインロードを北に歩いて左側にある「Lakeside Center」の中にもあります。
PC071069.jpg
PC071067_20151212212128ef4.jpg
「Women’s Handicraft」
他にもお店は沢山ありますが、それぞれの店が違うブランドです。ロゴの入ったタグも店ごとに違うし、もちろん違う店では同じものは置いていません。たまに他のお土産屋にもタグが付いたものがありますが、それがフェアトレード商品なのかは謎です。
私は始めは「Women’s skills development organization」で買おうと思っていたのですが、結局この小さなお店で購入しました。
PC020963.jpg
「CEITANA Women skill development project」
10:00~17:00 土曜休み
場所はハランチョークを更に北に進んだ左手側にあります。
PC020964.jpg
PC041017.jpg
店内は他のお店より雑然としていています。
私がかばんや小物を見ていると、先に来ていた欧米人が「このお店すごくいいよ!」と言うので、何でだろうと思ったら、その人はオーダーメイドでiPadケースを作って貰ったとのこと。
オーダーメイドと言っても、形からではなく、店頭にあるアイテムから好きなものを選んで、それに使う布地を選べるというもの。その人も元々売ってるノートPCケースを自分の好きな柄でオーダーしている所だった。
私は一旦この店を出たんだけど、色々回って結局私の欲しい形のかばんがここにあったため、ここで作ることに。
PC041011.jpg
お店の奥では実際機を織ったり、かばんを作ったりしている所が見学出来ます。
周りの壁に掛かっているカラフルなものは、全て織物に使われる糸です。
PC041015.jpg
布地の柄はめちゃくちゃ多い・・・(´д`;)
ほとんど一点モノなので、迷う迷う~。
私はショルダーバックと斜めがけバックの2つ作ることにしたんですが、
ショルダーバックの元にした形↓
PC041016.jpg
こんな感じで、ショルダーも斜めがけも、サイドは違う柄にしたかったんですよ。
まぁ、そんなワケで膨大な布地の中から短時間でそれが決まるワケも無く、迷うこと・・・1時間?くらい?もっと?まぁかかった時間は忘れましたが、その間に店のおばちゃんがご飯を食べ終わり、更に寝ていたのは間違いないです( ̄ー ̄;)
「明るい色がいい?暗い色がいい?迷ったら手助けするからね」
と言っていたのも最初の5分くらいでした。
まぁ・・・私こういうものはあんまり人の意見聞かないので;
で、何とか布地が決まるとすぐおばちゃんが作業に突入!
PC041013.jpg
仕上がりは約1日。((o(´∀`)o))ワクワク♪
PC020965_201512130001313a6.jpg
で、土曜を挟んだので、2日後に出来たのがこちら!
PC061039.jpg
自分としてはかなりお気に入り!!
最後まで周りを青にするか黒にするか悩んだけど、やっぱ思い切って青にしてみて良かった~♪
PC061040.jpg
裏地とファスナー付きの内ポケットも付いてます。
斜めがけバックのほうは。。。
PC061044.jpg
デジ一カメラと長財布が入るくらいの大きさ。
これも最後まで茶色の部分の色に悩んだ・・・(-д-υ) 組み合わせとしてはピンクが可愛いかったんだけど、まぁ年齢的なものも考えて落ち着いた色にするか~と茶色にしたものの、出来上がってみると案外地味だな~と。未だに正解が分からない。
PC061045.jpg
これも裏地とファスナー付きポッケ付き。
値段は実際売ってるものに値札が付いてるので、それと同じ。全てハンドメイドなので、プラスのオーダー料金はかかりません。私の場合、ショルダーの方が少し高くて、2つで2,050ルピーのところ、50ルピーだけまけてくれて2,000ルピーでした。もっと安くなる?と聞くと「これが女性達のお金になるから」と言われると、さすがにそれ以上まけてとは言えませんでしたw;
ネームタグ。
PC061046.jpg
ネームタグは内側に付けて欲しいと頼んだものの、普通に外側に付いていた;
まぁいいんだけど、細かい指示をしたい場合は紙に書いて渡した方がいいかもしれない。
欧米人のお兄さんが作っていたiPadケースも可愛かった。
ちゃんとクッション性があって、しっかりしている。
もちろんお土産に良さそうなポーチなんかも沢山ありました。
とにかく、自分の好きな柄・色で作りたいという人にはお勧めのお店!迷うこと必須ですが・・・。
まぁ使えるのは日本に帰ってからなので、、、今は満足してますが、数カ月後色あせて見えないことを祈るのみです(;´∀`)

カテゴリー

この記事を書いた人:

カテゴリ