アートとレトロな建造物の融合「マボネン地区」観光

ヨハネスブルグ 観光 マネボン

私がヨハネスブルグで滞在していたゲストハウス(Curiocity Joburg)がある「マボネン(Maboneng)地区」には、壁に絵が描かれた建物がたくさんあります。

滞在時は知らなかったのですが、アートを通して地域活性化を目指している地区として有名なようです。
南アフリカって壁の落書きが多いから、普通に「他の町よりもちょっと落書きが多い場所」くらいに思っていました;

でも確かに、この通りだけオシャレなカフェやレストランが多いんですよね。

ちなみにここにある「アーツ・オン・メイン(Arts On Main)」では毎週日曜日にマーケットが開かれるので、行くのであれば日曜日をおすすめします。

ヨハネスブルグのオシャレなマーケットが楽しかった件~その1~

アートと歴史ある建物の融合「マボネン地区」

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

マボネン地区では、こういったかなりサイズの大きい壁画をたくさん見ることができます。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

私は個人的にこのおじさんの絵が好きです。

マボネンにはアートに加え、ヨーロッパ調の古い建物も沢山残っているので、それもまた見どころのひとつだと思います。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

このおじさんの絵の前にある建物も、1889年に建てられたもの。
ヨハネスの、というよりはヨーロッパの建物は、建てられた年を建物に書いてあることが多いので非常に分かりやすいのです。

日本だと古民家なんかは価値が無くなって価格も安いですが、ヨーロッパだと逆に「古ければ古いほどカッコイイ!」みたいな考えもありますからね。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

メトロJeepe駅近くにあった、映画に出てきそうなレトロなデザインのホテル。
現在ホテルの営業していませんが、1階は日用品店などになっていました。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

フォックス・ストリートには、少々お高めの富裕層向けのカフェやレストランがあり、オシャレな若者などで賑わっています。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

「Love Revo Cafe」
この通りだけで、何軒ものカフェがあるのですが、何となくこちらのカフェをチョイス♪

屋根代わりになった傘がオシャレな2階のテラス席に行こうと思ったのですが、あろうことか傘のデザインが私が苦手とする「蝶々」だったので、結局屋内へ。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

紅茶と、ベリーのチーズケーキ。
これは奇跡的に、普通に美味しかったです。まぁ甘いけど。

ただ、このケーキ、一口かじったように見えますが、まだ食べる前。この辺りが南アクオリティ。

普段甘いものにはコーヒー派の私ですが、「紅茶をポットサービスで出している店」って、そこそこ都会じゃないとお見かけしないので、つい頼んでしまうのです。まぁ、ティーポットじゃないところがアレですが。

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

カフェの2階から見えるレンガ造りの古い建物もいい味出してます。

「Love Revo Cafe」

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

ヨハネスブルグ 観光 マボネン

ただ何度も書きますが、ヨハネスブルグは1本隣りの通りに入るだけで、ガラッと雰囲気が変わるので注意して下さいね。

ヨハネスブルグ 観光

ヨハネスを歩く際には、事前に宿泊している宿のスタッフに、どの辺りが危ないのか聞いておくといいでしょう。
私が聞いた限り、全部が全部、治安が悪いというわけでも無いようでした。

以下の写真はマボネン地区ではないのですが、アート繋がりということでUPしておきます♪

カラフルなモザイクタイルで装飾されたベンチがあったので、写真を撮ろうとすると、丁度現地の人が座ったので、お願いして撮影に成功。

ヨハネスブルグ 観光

俺も撮ってくれよ!

ヨハネスブルグ 観光

久々にきたな・・・このノリ。

ヨハネスブルグ 観光

この通りのベンチは全てカラフルなタイルでデザインされていました。

ヨハネスブルグ 観光

次回は意外と知られていないガンディー(ガンジー)と南アフリカの繋がりと、大っきいマンデラさんです。

まだ続くよー(;´∀`)

カテゴリー

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ