世界最恐都市?ヨハネスブルグへ!(南アフリカ)

さて、南アフリカ・プレトリアできむさんと合流した私は本来の目的地ヨハネスブルグへ向かいます。・・・とまぁサラッと書きましたが、歴史的背景(※アパルトヘイト等)からヨハネスブルグの治安はよろしくはないです。
Wikiの治安情報によると

ヨハネスブルグは、世界で最も治安の悪い犯罪都市の一つとされる。主要都市が所在する3州で、南アフリカにおける殺人事件の59.1%、住居侵入強盗事件の73.5%、性的犯罪の56.4%が発生している。

ちなみに南アフリカの面積は日本の約3.2倍。まぁWiki情報だから確実な数値では無いにしろ、その中の殺人事件の半分以上が首都でもない1つの都市に集中してるって;もし行かれる方はそんくらいヤバい場所であることを認識頂きたい。
ヨハネスに行く前に他の旅行者からよく聞いたのは「バスを使う場合、絶対にバスターミナルの外に出るな」ということ。実際私がカメルーン辺りで話した日本大使館の職員さんはヨハネスで数年勤務していたことがあり、バスターミナルを出た瞬間強盗に遭う日本人は沢山いたと言っていた。
なので、多くのバックパッカーはヨハネスはバスターミナルや駅から一切出ず、プレトリアを経由して他の場所に行くことが多い。

しかしそんな場所ほど行ってみたくなる私のどうしようもない好奇心。
この無駄な好奇心のせいで何度後悔したものか。
それに今回はきむさんというパーティーもいるのである!もうドラクエ1ではないのだっ( ー`дー´)キリッ←ナミブ砂漠参照

きむさんのブログで知ったんだけど、ヨハネスは「アフリカ三大凶悪都市」の1つらしい。ちなみに残りはナイジェリアのラゴスとケニアのナイロビ・・・ラゴスは行ったから後ナイロビ行ったらコンプリートや~ん汗

ちなみに私は好奇心はあるくせに小心者なので、南アフリカ入国自体怯えてて、常に小さなナイフを携帯していました。護身用だけど後から思うとナイフよりもお金をバラまいて逃げる方が効果がある気がします。もし襲われても絶対ナイフで相手を刺せる気がしない;

 
プレトリアからヨハネスブルグまでは電車で移動。
電車もまた「治安の悪い鉄道」「治安がいい鉄道」があるので要注意。
既存の鉄道路線の治安の悪さから、2010年のワールドカップ開催を機に新しく「ハウトレイン(Gautrain)」という路線が開通。ハウトレインは主要都市を結び、各駅・車内にはガードマンが常駐し、セキリティもしっかりしている。値段も高いことから主にそこそこお金を持っている現地の人か外国人しか利用しない。
なのでハウトレインは外国人も安心して利用可能。ヨハネスブルグ空港からも出ているので、ヨハネスを経由したくない方はそのままプレトリアまで行くことが可能なのでおすすめです。

ハウトレインは駅自体もきれいだし、車体も新幹線みたいでカッコいい!

社内もエアコンきいてて、ピカピカできれい!

↓こういうプリペイドカードを先に購入してチャージしていくシステム。自動券売機があります。

カード代が16ランド(約127円)、プレトリアからヨハネスまでは所要時間約40分、料金は81ランド(約640円)でした。
本数も10分おきに出てたので駅で待つこともありませんでした♪

車内からの景色

特に問題なくヨハネスブルグに到着したのだけど、

ここで起きる大問題。。。

「バスターミナルの外には出るな」と色んな人に言われていたので、電車だけど駅からは予約した宿に送迎を頼んでたんです。
プレトリアで泊まった宿のホスピタリティが素晴らしくて、宿に電話して送迎を頼んでくれたのです。

が、ドコニモソンナヒトミアタラナイ・・・( ゚д゚)ポカーン

たちまち焦る私ときむさん。
ん?もしかしてバスターミナルの方にいるのかな?とおずおずバスターミナルに行くもそれらしき人は見当たらず。
(鉄道駅~バスターミナル間はほぼ外に出ないので治安は心配ありません。)

え・・・?
どうしたらいいん・・・?

いやね、私は若干そんな心配もしてたんですよ。日本だとまず無いことだけど、「宿に送迎頼んだのに宿側が忘れていて来ない」というのは海外でよくあることなので。しかもここはアフリカ。大いに有り得る。

ヨハネスブルグでタクシーに乗るなんて自殺行為としか思えない。
ぼったくりで済んだらいいけど身の危険がありすぎる;
こんなことなら先にUberのアプリダウンロードしとくんだった;
※Uber(ウーバー)・・・アフリカで使える配車アプリ。特に南アフリカは信用できないタクシーが多いことからこれを使う外国人バックパッカーが非常に多い。
スマホの電話番号が無いと登録できなかったかも。でもすごく便利で、配車側は免許証の登録が必要なためタクシーより安全なので、特にヨハネス行く人はシムカード買ってでも登録しておくべき!

シムカードを買っていない私達はバスターミナルのWIFIを使って宿に電話しようも、WIFIが弱すぎて繋がらず。

駅に戻り、外への出口近くにいた警備員に宿の住所を見せ、ここへ行きたいと相談すると

警備員「そこのタクシーで行った方がいいよ。歩いて行くと荷物を奪われちゃうから!

・・・((((;゚Д゚))))ガタガタ

我々「そこのタクシーって安全なの?」

警備員「大丈夫だよ!」

ほ、ほんとにぃ~???;

かなり半信半疑なものの、それしか方法が残されていない我々はとりあえずタクシーのおっちゃんと値段交渉。言い値100ランドが80ランド(約630円)になったところで、まぁこれ以上交渉して怖いことになっても嫌だったので了承して乗ることに。(ちなみに後日また利用した時は70ランドでした。)

何かあった時のためにドライバーと車を写真に撮る私。

そしてカメラを盗られた時のためにきむさんと2人で車のナンバーも覚える。

びくびくな私達に反し、ドライバーはとってもフレンドリーでやたら話しかけてくる。いやいや、そう見せかけてどっか連れて行かれるんじゃ・・・とやっぱりびくびくだったけど、無事何事もなく宿に到着。きむさんと2人で良かった~!!( ;∀;)と胸を撫で下ろした。

そして宿に到着してすぐ宿主催の「ソウェト(Soweto)」地区に行くツアーに参加するのですが、それは次回の記事に。

先にヨハネスブルグで滞在した宿の紹介をしまーす。
ちなみに南アフリカで泊まった宿はゲストハウスや観光案内所に置かれているフリーペーパー「COAST TO COAST」を参考にしています。アフリカの宿はBookinng.com等の予約サイトに載っていない場合が多いので。

南アフリカ周辺の他の国のゲストハウスも紹介されていて非常に便利。HPからも検索できます。

 
 

【ヨハネスブルグの安宿】

Curiocity Backpackers Joburg(キュリオシティバックパッカーズジョバーグ)
https://curiocity.africa/jhb

12人ドミ:200ランド Genius会員で162ランド(約1,280円)
※Booking.comでGenius会員であれば、そちらから予約した方が安いです。
WIFI:あり(部屋可)
設備:バー、キッチン、ホットシャワー、各種ツアー
行き方:ヨハネスブルグ駅からタクシーで70~90ランド。
宿泊日:2017.10.6~5泊
その他:バーは騒がしいけど、宿発着のツアーがあるので非常に便利。ツアーは曜日が決まっているのでHP(EXPERIENCES)で要確認。スタッフはフレンドリーでタクシーの手配もしてくれる。宿のある通りは外国人向け高級レストランやカフェが並ぶため、数メートルおきに警備員がいるので治安面でも安心。夜はやめた方がいいけど、日中は女性一人で出歩いても問題無さそう。

部屋。

結構広めのキッチン。

ベランダ。ここで通りを見ながら朝食を食べるのがいい!

カテゴリー

この記事を書いた人:SHIHO

カテゴリ